ビッグデータ分析を手軽に、安心に。しかも無料で始められる

すぐに始められる

すぐに始められる

無料でお試しOK
スキーマ設計無し
データを投入するだけ!

インフラ不要

インフラ不要

初期投資0円
構築・運用・監視不要
データが増えても対応不要

安心のセキュリティ

安心のセキュリティ

国内のデータセンターでデータ保管
プライベートコネクト(オプション)でセキュアにデータ転送

サービス導入事例 「だから使っています。」

データアーティスト株式会社様

データアーティスト株式会社様

分析スピードの向上が分析結果の向上に直結!
Yahoo!ビッグデータインサイト導入がビジネスに与えたインパクトとは?

いままでのようにサーバの選定やシステム構築を行う必要はなく、「インフラの問題をあっさり突破できました」

  • 高性能・安定性
  • 導入スピード
  • ビッグデータインサイト

導入事例

データアーティスト株式会社様

分析スピードの向上が分析結果の向上に直結!
Yahoo!ビッグデータインサイト導入がビジネスに与えたインパクトとは?

いままでのようにサーバの選定やシステム構築を行う必要はなく、「インフラの問題をあっさり突破できました」

代表取締役社長 山本覚氏

昨今、ビッグデータに注目が集まっている。データアーティストは、多くの企業からデータを預かり、膨大なデータからトレンドをつかんで次の一手を見出すデータドリブンなマーケティングコンサルティング会社だ。

「データには必ず答えやヒントがあります」、そう語るのは同社のデータサイエンティスト アグチバヤル・アマルサナー(アマル)氏。今回は、アマル氏と同社代表取締役社長 山本覚氏にYahoo!ビッグデータインサイト(以下YBI)をいかに時代が必要としているのかについてお話を伺った。

分散処理基盤をすぐに使える

データアーティストは2013年に設立。大手広告代理店をはじめ、さまざまな企業と協力し、ECサイトやメディアの購買率を高めるなどの施策、ツールを提案、提供している。同社はクライアント企業からデータを預かり、クライアントとの対話を通じて要望をヒアリング、分析すべき内容を具体化してさまざまな分析、調査を行っている。

データサイエンティスト アマル氏

これまで同社では、大手外資系のクラウドサービスのインスタンス上でRDBを使ってデータの分析を行っていた。分析の処理速度を高めるため、できる限りメモリが大きいマシンを選択。しかしそれでも、膨大な量のデータから分析結果を引き出すには丸一日要するもの処理もあったという。

「分散処理を行えば、分析時間を短くできると考えていました。しかし、そのためには分散処理基盤が必要となりますが、社内で構築するとなるとかなりのコストと専門的な技術、知識を要するとよく聞きます。弊社もその理由でリソース投入まで踏み切れず、分散処理基盤をもっと簡単に用意できたらいいなと思っていました。」(アマル氏)

こうした悩みを解決したのがYBI。いままでのようにサーバの選定やシステム構築を行う必要はなく、アカウントを登録してすぐに使用できる。「導入はとても早かったです。チュートリアルを実施して数十分後には、データのインポートを始めていました。」(アマル氏)と当時を振り返った。

1日かかっていた分析が数十分で完了!

「YBIの導入で、大きく二つの恩恵がありました。ひとつは膨大なデータを簡単に取り込めるようになったこと。もうひとつは、分析結果を素早く出せるようになったことです。」(アマル氏)

お客さまのデータはHDDなどの物理媒体で預かったり、ダウンロード提供されたりしているが、分析するためにはほぼ必ず前処理が入る。YBI導入でその処理時間が大幅に短縮された。また、預かった大量データを一旦保管するための場所としても活用しているという。

「一方で、分析にかけてから結果が出るまでの時間も大幅に短縮できました。以前は1時間かかっていた分析が数十秒で、1日かかっていた分析が数十分で結果を出せるようになりました。データ分析はどのように結果が出るかわかりません。分析時間が短くなり、トライ&エラーを数多く繰り返せるため、さまざまな視点で分析を実行することができるようになりました。」(アマル氏)

分析の速度が上がったことにより、同じデータに対して多角的に分析を行うことができるため、結果的に分析の質も向上していった。

データ分析の今、データビジネスの未来

「アマルの話でも出ましたが分析結果が直ぐに得られる効果というのは非常に大きい。データ分析は何を目的にしているかが大事で、分析自体が目的になってはいけません。目的はお客さまの課題を解決すること、何でもいいから解決する事です。データ分析速度が向上したことで、お客さまの課題を解決するための方策を導き出しやすくなりました。」(山本氏)

さらに、分析結果の質を高めつつ、インフラに掛かっていたコストを半減させたことも驚きだ。この点も山本氏は非常に満足している。

「データ分析を生業とする以上、ゆくゆくは自社で大規模なデータを取得する構想も持っています。その際もYBIがある事でさまざまなハードルを突破できる。具体的には容易にデータを集めてためる。そのまま高速な分析を実施する。それが安価にかつエンジニアリソースを割かずに実現できる。これは僕らのような事業者にとっては大きな意味があります。」(山本氏)

業界全体にデータサイエンティスト不足が叫ばれている中、最後にデータアーティストではどんな人材を求めているのか山本氏に聞いてみると「フィーチャーを作れる人」との答えが返ってきた。分析手法への理解やBIツールの習熟度はあくまで参考程度。無数のデータから未来に繋がる特徴に気付けるセンスのある人が欲しい、という意味だそうだ。

ここ数年業界を賑わす「ビッグデータ」。データアーティスト社はデータ分析の専門家集団ならではの視点で業界を盛り上げていく。その際、今後もYBIが大きな武器として利用されていくはずだ。

導入企業様 会社概要

導入企業様 会社概要
会社名 データアーティスト株式会社
設立 2013年6月21日
代表取締役社長 山本 覚
事業内容 1.マーケティングコンサルティング事業
2.ソフトウェア事業
URL http://www.data-artist.com/新規ウィンドウを開きます

※掲載内容は、本事例の掲載日2015年7月7日時点の情報です。
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

2015年07月07日掲載

オイシックス株式会社様

オイシックス株式会社様

素早く意思決定できる的確な指標を獲得!
リアルタイムにサイトを改善し、「失敗」を生まない

「販売しながらデータを見て、原因を突き止め、次に進むための改善を実施するという、素早い判断ができるようになりました。」

  • ECサイト
  • 高性能・安定性
  • ビッグデータインサイト
  • サポート
  • 導入スピード
  • 技術力
  • 柔軟性
  • 卸売・小売業

[ECサイト]導入事例

オイシックス株式会社様

素早く意思決定できる的確な指標を獲得!
リアルタイムにサイトを改善し、「失敗」を生まない

「販売しながらデータを見て、原因を突き止め、次に進むための改善を実施するという、素早い判断ができるようになりました。」

オイシックス株式会社

オイシックス株式会社は、有機・特別栽培野菜や無添加加工食品などを中心にした食品、食材のECサイトを運営している。季節やトレンドを見て食材のラインナップを変えるほか、さまざまなキャンペーンを企画し、消費者の興味と胃を刺激。全国約9万世帯以上が利用し、1回のお買いもので、一世帯当たりおよそ約15品を購入している。

「今まではどのお客さまがどれぐらい購入してくれたかは分かりました。しかし、“どこで”、“どうやって”が分かりませんでした。」

そう語るのは同社のEC事業本部 戦略推進室の米島和広氏。今回は、米島氏が悩んでいたこと、Yahoo!ビックデータインサイトの導入で変化したことを中心にお話を伺った。

今までは“結果”から判断することしかできなかった

「オイシックスを含め、ECサイトではお客さまの動向、導線、傾向を見ていくことが大事です。お客さまが視覚的、感覚的に何を感じて、クリックや購入などのアクションを起こしたのか。細かな情報があれば、よりお客さまの好みに合った商品、キャンペーンを展開することができると考えていました。」

これまでも、ユーザーの購入履歴は掴んでいたが、サイト上での動きまでは把握していなかったという。行動ログの蓄積はできていたが、データ量が多いため、バッチ処理などの負荷が高く活用できていなかったのだ。

例えば、新生活キャンペーンの実施で、サイト全体の売上が上がったことは分かる。一方で、ユーザーの導線が分からないため、増加した売上が新生活キャンペーンに依るものなのか、別の要因なのかがはっきり分からなかったと続ける。

意思決定に有効活用できるデータ分析

これまでも何度か導線の計測、分析を試みたが、時間がかかることと柔軟性がなかったことに米島氏は頭を悩ませていた。新しいキャンペーンや新食材の効果を見る際、あらかじめ蓄積したいデータを設定して、蓄積されるのを待つ必要があった。加えて、人単位での導線を見ることができないため、手間と時間がかかるものの、判断指標となるデータにはならなかったそうだ。

「自分たちのアイデアや企画が、オンライン上でお客さまにどう影響したのかがダイレクトに結びつかないと、だんだんと社内でもデータを見たいと思う人が減っていきます。新しいキャンペーン、食材を掲載したとき、どのぐらいのお客さまが訪れ、商品をどう見て、どのようにカートへ入れて、購入に至ったのかを具体的に掴めれば、自分が考えたキャンペーンの効果、担当した食材の魅力、売り方がわかり、面白くなってきますよね。」

そのため、米島氏が最も重視していたのは、売上を上げることはもちろん、細かくサイト改善できる指標を手に入れることだった。サイトの構成やデザインによる効果の違いなど、感覚値を具体的な数値に変えることで、よりユーザーにヒットするサイト、サービスにしていくことを目指していた。そこで目を向けたのがIDCフロンティアの「Yahoo!ビックデータインサイト(以下、YBI)」だったという。

選定の決め手は、分析環境の一体サポートと、新たにテーブル定義が不要な「スキーマレスDB」だった。欲しいデータの設計から蓄積までの時間と手間が減り、すぐにデータ収集にとりかかれる。また、SDKの利用により、人単位での導線も取れる。何よりも、データ分析を高スピードで実行できるようになった。

オイシックス社 ビッグデータインサイト利用概要


担当者は米島氏一人。トライアル利用でデータ収集を開始し、翌月には実際にデータを活用し始めた。導入にあたり、苦労した点はほとんどなかったという。

「新しいシステムの活用という点では、技術的な質問に対する返答の速さが不安を払しょくしてくれました。トレジャーデータ社も巻き込み非常に早く対応してくれる。しかも、解決力が高く、満足いくものでした。」

正確な数値データの活用が、素早く的確な改善につながるという意識が社内に浸透してきた今では、分析チームを増員している。YBIが無くてはならないものになってきているようだ。計画値が上がり、予測の精度も上がってきているという。

リアルタイムで改善を施していくことが可能になった

「YBIを導入したことで、判断が各段に早くなりました。たとえば、販売が振るわない商品があるとき、今まではもう少し様子をみてみようかということが往々にしてありましたが、YBI導入後は、販売しながらデータを見て、原因を突き止め、次に進むための改善を実施するという、素早い判断ができるようになりました。」

これまでは、販売を終了して、限られた情報からキャンペーンの成功か失敗か、を判断していたが、リアルタイムに50点、80点と状況を掴めるように変わった。と米島氏は続けた。

YBIでは欲しいときに素早く適切なデータを切り出すことができるため、ユーザー行動の分析条件を高度化して、さらに踏み込んだ改善につなげることもできているそうだ。

「ゴールはデータ分析ではない、お客さまの体験をよりよくすることです」

「YBIは“意思決定の指標を提供する”というエンジニアの武器を増やすことができます。」
一方で、マーケティングやプランナーなど、ユニークな“視点”を持つ好奇心旺盛な社員なら、エンジニアでなくとも、誰でも分析チームに加わることができると付け加えた。

「ゴールはデータ分析を行うことではなく、お客さまの体験、環境をよりよくしていくことです。」
最も重要なのは、正確なデータを、お客さまに気持ち良く使ってもらうために役立てることである、と最後に強調した。



導入企業様 会社概要

導入企業様 会社概要
会社名 オイシックス株式会社
設立 2000年6月
代表取締役社長 高島 宏平
事業内容 インターネットなどを通じた一般消費者への特別栽培農産物、無添加加工食品など安全性に配慮した食品・食材の販売
URLhttp://www.oisix.co.jp/

※掲載内容は、本事例の掲載日2015年4月22日時点の情報です。 ※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

2015年04月22日掲載

ワイジェイFX株式会社様

ワイジェイFX株式会社様

ビッグデータ分析で感覚的な評価が数値的な実感値に変わる!

データ分析自体は利益を生みません。しかし、将来的に利益を増加させる、また新たな利益の源泉を発見することができます。
投資対効果をはっきりと明示できませんが、クラウドサービスであればとりあえず動かすことができます。
動かすことができれば、有効性を見出すこともできるんです。
データ分析とクラウドサービスは相性が良いと思いました。

  • 高性能・安定性
  • サポート
  • 導入スピード
  • 技術力
  • 柔軟性
  • スケーラビリティ
  • ビッグデータインサイト

[金融]導入事例

ワイジェイFX株式会社様

ビッグデータ分析で感覚的な評価が数値的な実感値に変わる!

データ分析自体は利益を生みません。しかし、将来的に利益を増加させる、また新たな利益の源泉を発見することができます。
投資対効果をはっきりと明示できませんが、クラウドサービスであればとりあえず動かすことができます。
動かすことができれば、有効性を見出すこともできるんです。

何をどう組み合わせるか、という選定の手間がクラウド化を妨げている

ワイジェイFX株式会社

ワイジェイFX株式会社はYahoo! JAPANグループに属し、いわゆるFXを中心とした金融商品を取り扱っている事業者。外貨の交換レートは銀行ごとで異なるうえ、秒速で変化していくため、買値、売値の膨大なデータを蓄積してきたという。このデータを見て、ディーラーは未来のレートを予測し、銀行とユーザーに対応している。

「しかし、うまくデータを活用できず、ディーラーの経験と勘に頼っている部分が大きかったんです」、そう語るのはワイジェイFXのシステム部に所属する古村正博氏。今回は、IDCフロンティアが提供するクラウド型のビッグデータ基盤「Yahoo!ビッグデータインサイト」を導入した背景とともに、蓄積してきたデータ資源をどのように活用しているのかを伺った。

秒速で変動するレート情報を活用したかった

システム部 古村正博氏
システム部 古村正博氏

「FXでは外貨の交換レートが重要です。秒速で変化する外貨の交換レートを見て、銀行、当社を利用するお客さま、そして当社の三者がWINになるように取引を成立させていかなければなりません」

現在、同社が取り扱っている銘柄=通貨ペアは22種類。通貨ペアごとに異なるレートの変化パターンをすべてログとして保存してきたという。しかし、秒速で変化するすべてのレートは、処理しきれないほどの膨大なデータになっていたそうだ。この膨大なデータを活用すれば、未来のレート予測ができる。

以前から、既存資産(サーバーなど)を利用して分析を試みてはいたが、なかなか思うような性能が出せないでいた。本格的にデータ分析を行うには、サーバーやネットワークの増強など、かなりの投資が必要になる。「投資対効果」を考えるとなかなか踏み切れなかったとも古村氏は語った。

そこで着目したのが、大規模なデータを保存、活用できるIDCフロンティアが提供しているクラウド型のビッグデータ分析基盤「Yahoo!ビッグデータインサイト」だったという。

クラウドサービスだったので「試してみる」ことができた

「Yahoo!ビッグデータインサイト」を選定した大きな理由は「クラウドサービス」だった点だと古村氏は語った。

同社では現場から長らく「データ分析をして欲しい」というニーズがあったという。自前でデータ分析の環境を作り上げる計画もあったが、なかなか踏み切ることができなかったそうだ。

先にもあげたように「投資対効果」が明示できないため、大きな先行投資がしづらい。また、効果が出ないと判断された際に、用意した設備がそのまま遊休資産となってしまう。そのため、クラウドサービスであった点は大きなアドバンテージとなったと古村氏は続けた。

「データ分析自体は利益を生みません。しかし、将来的に利益を増加させる、また新たな利益の源泉を発見することができます。投資対効果をはっきりと明示できませんが、クラウドサービスであればとりあえず動かすことができます。動かすことができれば、有効性を見出すこともできるんです」

当初はトライアルとして1ヶ月だけ利用することになっていたというが、有効性が見えたことで、本格導入に向けたプラグインのチューニングを実施。IDCフロンティアや、分析エンジンを提供しているトレジャーデータ社と協力し、各社のナレッジを駆使して最適化を行い、最終的に導入に至った、と古村氏は続けた。

YJFX社 ビッグデータインサイト利用概要

感覚的な評価が数値的な実感値に変わった

「現在は、銀行のレートを中心に一時間に一回のペースでデータ分析を行っています。経営層やディーラー、それぞれ着眼点が異なるため、ただ分析を行って提出しても意味がありません。どのようなデータが欲しいのか、どのタイミングで出すべきなのか、“会話”を通して見つけていくことも重要だと考えています」

必要性を感じつつもいままでは用意できなかったデータを用意できる。そして、「あるといいね」と感覚的な評価しかなかった状態から、分析結果が実際にどう利益に結びつくのか数値的な評価基準が少しずつ固まってきたことは大きな一歩になっていると古村氏は続けた。

こうしたシステム部の努力もあり、少しずつ「こういうデータが欲しい」と現場から要望が増えてきているそうだ。実はこうした要望はYahoo!ビッグデータインサイトを利用する以前も現場から出てきていたそうだが、「現場の要望をひとつずつ解消できるようになっただけでも大きな効果です」と古村氏は語った。


投資対効果が見えづらいからこそ、データ分析を開始することが重要

現在は、「Yahoo!ビッグデータインサイト」を利用して分析を選任して行っているのは社内で2名程度だという。今後はよりデータ分析の効果を証明し、分析にかける人員の増強や複数データを組み合わせた複雑な分析も行っていきたいと、古村氏は意気込みを語った。

「Yahoo!ビッグデータインサイトを利用すれば『いま何が起こっているのか』を可視化することができます。先にも挙げたように、データ分析はそのままでは利益に直結しづらい。だからこそ、まずはデータ分析を開始してみることが大事だと思っています。データ分析とクラウドサービスはとても相性が良いと感じました。」



導入企業様 会社概要

導入企業様 会社概要
会社名 ワイジェイFX株式会社
設立 2003年9月1日
代表取締役社長CEO 伊藤 雅仁
事業内容 金融商品取引法に基づく第一種金融商品取引業
(インターネットを介した店頭による店頭外国為替証拠金取引業)
金融商品取引法に基づく第二種金融商品取引業
(インターネットを介した取引所における外国為替証拠金取引業)
URLhttp://www.yjfx.jp/

※掲載内容は、本事例の掲載日2015年3月24日時点の情報です。 ※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

2015年03月24日掲載

お客さまの業界、業種でのビッグデータ活用方法をご紹介します。
お気軽にご相談ください。

さまざまなデータを、すぐに集計できます。

データ分析に必要なインフラをパッケージしました。

収集・蓄積・分析をワンストップにサポート

スキーマレスDB採用により、データ投入・変更前のスキーマ設計
(テーブル定義)が不要

データ投入前のスキーマ設計が不要
新たな属性のデータ追加前ののスキーマ設計が不要

既存の資産・知識を活かして、従来のRDBとは全く異なる
アーキテクチャの分析基盤を使うことができます。

通常のhadoop
データウェアハウスはオープンソースとして広く普及している ログコレクタ“Fluentd”を開発するTreasure Data, Inc.が開発。Fluentdのrpmパッケージのtd-agentを使えば、データ収集・蓄積・分析の3要素がシームレスにつながります。
一般的なHadoop
Hadoopを使いこなす知識・経験は不要。使い慣れたSQLライクな言語で大量データの分析が可能。GUIから簡単にHiveによるバッチクエリやPrestoによるアドホッククエリ(提供予定)の実行も可能です。
通常のHadoop
分析結果はサービス内のテーブル保存に加え、外部のシステムへのデータ出力が可能です。
  • MySQL、PostgreSQL
  • Google Spreadsheet
  • IDCフロンティア オブジェクトストレージ
  • FTP

また、JDBC/ODBC*をサポートし、BIや解析ツールなどのお客様のシステムからの接続も可能です。
・Pentaho、Jaspersoft、R、Metric Insights、Chartio、Indiceeなど

今すぐ始めましょう。

ご利用の流れ・料金プラン

スターター(無料プラン)

スターター(無料プラン)

最短1分

アカウントをつくろう

お試し

お試し<

使い勝手や性能を確認

チュートリアルやサンプルデータもあり

有料プランへ

有料プランへ

コンソールからお手続き

本格利用スタート!

スタータープラン
(無料お試し)

初期費用無料

月額無料

レコード数1億5千万(1,000万/月)

バッチクエリ数60回/月

バッチ分析コア数専用0/バースト1

アドホック分析-

スタンダードプラン
(バッチ)

初期費用無料

月額353,000円

レコード数150億(10億/月)

バッチクエリ数無制限

バッチ分析コア数専用8/バースト32

アドホック分析-

スタンダードプラン
(アドホック)

初期費用無料

月額353,000円

レコード数150億(10億/月)

バッチクエリ数-

バッチ分析コア数-

アドホック分析Presto 2ユニット

プレミアムプラン

初期費用無料

月額856,000円

レコード数600億(40億/月)

バッチクエリ数無制限

バッチ分析コア数専用16/バースト64

アドホック分析Presto 4ユニット

コンサルティングは無料です。お気軽にご相談ください。

Yahoo! JAPANグループの安心。

IDCフロンティアはクラウドとデータセンタービジネスを展開しています。

ビッグデータ分析、
はじめませんか?

好評開催中!「ビッグデータ分析、はじめの一歩」セミナー

お客さまの業界、業種、使い方の例などを盛り込んだ社内セミナーを企画・開催いたします。営業部門、技術部部門のみなさまで、ぜひ受講ください。(無料)

「Yahoo!ビッグデータインサイト」は、企業のビッグデータを収集・保管し、短時間で容易に分析できる米国トレジャーデータ社のクラウド型DMS「トレジャーデータサービス」を用いており、IDCフロンティアのクラウドコンピューティングとクラウドストレージを活用しています。

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。