プレスリリース(2011年)

国内初、IDCフロンティアがクラウド基盤オープンソース「CloudStack」を採用

〜ITリソースを統合管理するセルフポータル型のクラウドサービスを提供〜

2011年05月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:真藤 豊、以下IDCフロンティア)は、オープンソースソフトウェアプロバイダーの米国Cloud.com社(クラウド・ドット・コム、本社:カリフォルニア州クパチーノ、代表取締役 兼 最高経営責任者:シェン・リャン、以下Cloud.com)のクラウド基盤ソフトウェアであるCloudStack(TM)*を国内で初めて採用した、クラウドコンピューティングサービス(以下、クラウドサービス)、NOAHプラットフォームサービス(以下、NOAH)の提供を7月から開始いたします。

Cloud.comのCloudStackは、コンピューターの仮想化を実現するさまざまなハイパーバイザーに対応し、仮想マシン、リソース、ワークロード、ストレージ、ネットワークなどの管理を、リッチなインターフェースと高い操作性で提供するオープンソースソフトウェア(以下、OSS)です。既に海外の大手通信キャリアでも多数の採用実績があり、商用クラウドサービスの提供が展開されています。

企業のITシステムへのクラウドサービスの利用拡大に伴い、データセンターサービスも含めた様々なITリソースの利用形態が想定されます。今後は国内のみならず海外の主要クラウドサービスやオンプレミス環境との連携がますます重要になると考えられ、クローズドではなく、オープンな技術でサービスを提供することで、利用者が多様な選択肢から最適なものを選べることが理想です。Cloud.comのCloudStackは、このような環境に最適なOSSであり、この度の採用を決定いたしました。

IDCフロンティアは、国内では先駆けとなる2009年6月から、国内データセンターでパブリック型クラウドであるNOAHの提供を開始し、VMwareとHyper-Vの両基盤による柔軟な拡張性、SLA99.99%の高可用性と広帯域ネットワークによるネットワーク定額料金、また専任担当による運用サポートを提供しています。

このNOAHにCloudStackを採用することで、利用者自身で仮想マシンなどの構築・管理ができるだけでなくAPI公開によるクラウドサービス全体の統合管理や、パブリックとプライベートクラウドのシームレスな連携を実現し、異なるサービス間を意識しないITインフラの包括運営が可能になります。また、IDCフロンティアはNOAHの開発を通したオープンソースへの貢献と、OSSをベースに機能を拡張し、日本市場の要求にあわせてカスタマイズしたクラウドサービスと、データセンターサービスまでフルラインアップでご提供します。

尚、7月から順次提供予定のNOAHの主な特長は次の通りです。

1.クレジットカード決済の利用でサインアップに5分、仮想マシンを5分で作成
2.ポータル画面から仮想マシンの作成や物理サーバー追加などITリソースの管理が可能
3.APIの公開により、クラウド管理サービスや他のインフラサービスとの連携を実現
4.東日本、西日本の国内複数拠点から提供地域の選択が可能
5.仮想マシンは従量・月額固定料金から選択、ネットワークは転送量に応じた課金
6.電話、ウェブによるテクニカルサポートの提供

セルフポータル型NOAHの画面イメージ
(画面は開発中のものです)

<Cloud.com様からのエンドースメント>
Cloud.comのCEO、Sheng Liangは今回の発表に対して次の様に述べています。「IDCフロンティアの今回のCloud.comの採用、そしてCloudStackをベースとしたクラウドサービスの開始は、Cloud.comに取って非常に重要な意味を持ちます。一つは、Tata Communications、Korea Telecom(KT)、Singapore Telecom(Singtel)等、アジア諸国で既にCloud.comの技術を採用したキャリアに加えて、日本で初めて同様に採用されたという点において、Cloud.comにとっては重要な事業パートナーとなります。次にこれらのクラウドベンダー間の連携を通して、真にグローバルなクラウドサービスが私達の技術を通して提供される、という事も重要です。IDCフロンティアはそのグローバルなソリューションに於いて、日本を代表する重要な柱になります」

Cloud.com,Inc.
代表取締役 兼 最高経営責任者
Sheng Liang

以上

* CloudStackは、Cloud.comの提供するクラウド基盤のOSSです。オープンソース版のCommunity Editionの他、Enterprise Edition、Service Provider Editionがあります。

CloudStackは、Cloud.comの商標です。

<企業情報>
【Cloud.comについて】(http://cloud.com)
社名:Cloud.com, Inc
代表者:代表取締役 兼 最高経営責任者 Sheng Liang(シェン・リャン)
事業内容:クラウド基盤ソフトウェアの開発・販売およびサポート
Cloud.comはマルチティアー、マルチテナントのプライベートクラウドとパブリッククラウドの構築を容易にするとともにその構築を加速し、管理および設定を容易に行うことができるオープンソースのソリューションを提供しています。Cloud.comのCloudStackは企業やサービス事業者がIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)を商用環境下で提供する際に用いられ、たぐいまれなる信頼性と他のソリューションでは実現できない機能と拡張性を提供します。Cloud.comは2008年に設立以来、オープンソース、仮想化技術そしてインフラストラクチャー開発の分野で業界リーダーとして高い評価を受け、また、シリコンバレーの有力なベンチャー各社から出資を受けています。詳しくはwww.cloud.comをご覧ください。

【IDCフロンティアについて】(http://www.idcf.jp)
社名:株式会社IDCフロンティア(IDC Frontier Inc.)
代表者:代表取締役社長 真藤 豊
事業内容:データセンター事業、ホスティング事業、IPネットワーク事業、コンサルティング、システム構築・運営、その他
株式会社IDCフロンティアは、日本のビジネスシーンの発展と活性化を支える情報技術基盤を提供しています。長年の経験で培った高信頼データセンターを全国9 箇所で運用しており、SaaS/PaaS/IaaS に代表される高付加価値サービスの開発と提供に取り組み、ビジネスユーザーのクラウドコンピューティングやオープンプラットフォームの利活用を推進しています。

<サービスに関する問い合わせ先>
■IDCフロンティア カスタマーデスク
Tel:0120-26-2725(平日9:00〜17:00)
E-mail:service@idcf.jp

<リリースに関する報道機関からの問い合わせ先>
■IDCフロンティア 広報宣伝グループ
電話:03-4354-0155
メールアドレス:pr@idcf.jp
Twitter 公式アカウント:idcfrontier