IDCF プライベートクラウド

IDCF プライベートクラウドで課題解決!

オンプレミス運用の
課題をクリア!

プライベートクラウドTypeV2020活用例

課題解決の事例から
実際の構成価格まで徹底紹介!

資料イメージ

お客さま活用例

現地対応などインフラ
運用工数を削減したい
お客さまの抱える課題

システム拡大に伴い、自前運用の仮想環境ハードウェア(サーバー/ネットワーク/ストレージ)の維持管理稼働が増加。

新サービス対応も必要であり、これ以上エンジニアの稼働は割けない。

解決へのポイント

インフラ運用不要の
プライベートクラウド

IDCF プライベートクラウドは、構築済みのVMware vSphere環境をご利用いただくサービス。

お客さまエンジニアはハードウェア維持管理作業から解放されます。

移設に伴う物理作業
・調整作業は大変
お客さまの抱える課題

仮想マシン移行のためのネットワークの準備が必要。

高速かつ信頼性の点でキャリア回線を手配する場合、調整およびネットワーク敷設や機器設定作業など、工数が膨大になる。

解決へのポイント

オンプレミス環境とプライベートクラウドを閉域接続

オンプレミス(IDCフロンティアコロケーション)プライベートクラウドとの接続はIDCフロンティアの閉域接続サービスを利用。

調整作業もほとんどなく、短期間で1Gbps回線を準備。

物理機器調達に
伴う経済的な制約
お客さまの抱える課題

償却やリース期間の数年間は費用負担がずっと発生するが、その間にハードウェア性能が陳腐化してしまう。

数年後まで見据えた、継続的かつ適切な物理機器調達は難しい。

解決へのポイント

実績ある最新機材での構成を経費扱いで利用できる

IDCフロンティアで実績ある最新機材を、煩雑な機器調達~構築まで初期投資不要で導入できます。

機材廃棄に伴う経費処理も一切不要です。

プライベートクラウドTypeV2020活用例

課題解決の事例から実際の構成価格まで徹底紹介!

資料イメージ
資料ダウンロード お問い合わせ

構成例

EC構築パッケージをプライベートクラウドで運用

レガシーシステムのクラウドリフトによるモダン化の構成例
構成のポイント
  • 閉域接続でオンプレミスとプライベートクラウドをハイブリッド利用
  • プライベートクラウドを中心としたIDCフロンティアサービス(ベアメタルサーバー、マネージドファイアウォール)との閉域接続がL2接続で手軽に実現
  • 仮想ホストに高性能マシンを採用し、既存環境からのインフラ集約化を実現
  • インターネット回線を利用帯域95%ile値で月額モデル提供
効果

エンジニア作業とコスト負担を軽減

お申し込みの流れ

お問い合わせ

まずは お問い合わせ

 

ヒアリング・ご提案

ヒアリング・ご提案

 

構成決定・ご契約

構成決定・ご契約

 

ご利用スタート!

ご利用スタート!

プライベートクラウドTypeV2020活用例

課題解決の事例から実際の構成価格まで徹底紹介!

資料イメージ
資料ダウンロード お問い合わせ

資料ダウンロード

必須
必須
必須

プライバシーポリシー新規ウィンドウを開きます をご確認のうえ、ご同意いただける場合にのみ、送信ボタンを押してください。お客さまの状況確認を行うため、ご連絡時の利用環境についての情報やログイン中のID情報、クッキー情報を利用いたします。

本資料のダウンロードは、法人・個人事業主の方に限らせていただきます。

このページの先頭へ このページの先頭へ

×

お問い合わせ・
資料請求はこちら

お問い合わせ・資料請求