IDC Frontier 未来をささえる、Your Innovative Partner

中途採用情報
recruiting infomation

エントリー >

社長メッセージ

イノベーションを起こし、国内No.1を目指す

インターネットに魅せられて22年

印刷業界にてハイビジョン・マルチメディアコンテンツ・博覧会のイベントプロデュースを経て、94年夏にインターネットの仕事に初めて関わり、98年にヤフーに入社しました。インターネットに出会って約22年目⋯“インターネット・ラブ”です。
今までの仕事の大半は、インターネットで世の中をいかに良くするかということをやってきました。
インターネットが発達することによってデータが沢山集まり、ビッグデータやAI、ディープラーニング等が誕生しましたが、直近2年はそれらをヤフーの事業にもっと活用しようという部署の責任者をしていました。そのため、IDCFのデータセンターはユーザーの立場で利用しており、大規模な分散処理*1Hadoop*2環境や色々な形でデータを活用する環境をIDCFのデータセンターの中に構築していました。今後はデータセンターやクラウド側の立場から、より一層データ活用できる世界となるように、チャレンジしていきたいと考えています。

会社として目指す方向性

何よりもまず、人を大切にした経営をしたいと思っています。
今後はAIが台頭する時代になると言われますが、人間にしかできない仕事があります。そのひとつはイノベーションです。IDCFのようにスピードの速い業界では、イノベーションを常に心がけ、DNAとして持ち続けて成長することが重要です。
イノベーションを生み出すIDCFのDNAとして、IDCFクレド(行動指針)があります。“つくりだす やりぬく ひとつになる”。これを前提としてIDCFの中で才能と情熱を解き放ってほしい、と考えています。

今、IDCFは「国内 No.1」・「データ集積地構想」を掲げています。クラウドやネットワークサービスのプロバイダー・エンタープライズ・金融・リセラー・エンドユーザーのデータがひとつのデータセンターの中で飛び交っているような世界がやってきます。これがまさにデータ集積であり、この分野はグローバル含め沢山のプレーヤーが狙っています。グローバルプレーヤーと戦うためにはまず国内 No.1 にならないといけません。そのための勝ち筋をしっかり考えていきます。

一緒に働く人へのメッセージ

IDCFクレドを志し、頑張ることのできる人と一緒に働きたいと思います。この頑張ることができる、というのはとても重要なことで、イノベーションを起こすために欠かせないと考えています。人それぞれ得意な分野も苦手な分野もあるでしょう。どれだけできるかではなく、それに向けた姿勢の話です。社員全員がクレドに従って一致団結して向かっていく。そうすることによりイノベーションを起こす会社になるのだと思います。

IDCFクレドを前提として、才能と情熱を解き放ってほしい。
才能と情熱を解き放って、会社に貢献してほしい。会社に貢献するということで社会に貢献してほしい。そのように考えています。

注釈
* 1 分散処理
* 2 Hadoop
↑