Team Talk #02中途採用者座談会 #02

Team Talk #02

[ One Team感と柔軟な変化が魅力 ]

IDCFにはさまざまな職種で中途採用者が活躍しています。他社を経験したからこそ分かるIDCFならではの仕事の進め方や社内風土について語り合ってもらいました。

Member Profile

M・O

2012年中途入社 / エンジニア職 / 文系卒

前職はISPでネットワーク保守を担当。現在はネットワーク/ハウジングサービスを提供するための作業調整を担当。

K・T

2017年中途入社 / 営業職 / 文系卒

前職ではサービスデスク、システム運用管理を経験。現在は法人営業を担当。

Y・M

2016年中途入社 / エンジニア職 / 理系卒

前職はMSPでサーバー/ネットワーク構築・運用保守を担当。現在はプライベートクラウド運用保守を担当。

※掲載内容は取材当時(2019年12月)のものです。

自分の強みを生かせる職場

Y・M

私の前職はMSP(Managed Service Provider:ITシステムの運用や監視、保守などを行う)だったので、クラウドとデータセンターを二軸に事業展開しているIDCFでも活躍できる機会があると思い、ご紹介いただいて転職しました。K・Tさんはどのような経緯で?

K・T

もともとIT系企業でエンジニア職として働いていたのですが、サービスやモノを売る営業職をやってみたいと思い、思い切って転職しました。インフラに携わることができるのも魅力の一つでした。

M・O

私が転職したときは、ちょうどネットワークの資格をとったばかりだったんです。ステップアップしたいという気持ちで、資格を生かせる企業としてIDCFへ転職しました。現在、二つ目の部署で働いていますが、希望を出して異動したんですよ。

K・T

比較的、やりたい仕事への希望が通りやすい会社のように感じます。

M・O

そうですね。私は入社後にクラウドのサポートに配属になったのですが、希望を出して2015年からはお客さまに提供するネットワークサービスの構築作業の調整をする業務の担当になりました。

K・T

私は営業がやりたくて転職したこともあり、営業という仕事で結果を出すことを突き詰めていきたいと考えています。

Y・M

私は今、運用の仕事をメインで行っています。今後は、運用をやりながらプリセールスなど、お客さまに接する仕事のほうにシフトチェンジできると、良いキャリアアップになるのではないかと考えています。

M・O

IDCFの良いところは、幅広い技術領域に携われるところだと思っています。部署によってクラウド環境の構築から大規模なバックボーンネットワーク環境の構築・運用まで多種多様な技術に携わることができるのが魅力だと感じています。まずは現在の部署で技術力を上げていきたいですね。

風通しが良く、One Teamで仕事をしている実感がある

Y・M

IT業界で働いていると、エンジニアの人は“我が道を行く”タイプの人が多いイメージなのですが、IDCFは、エンジニアも含め、みんなで「One Teamでやっていこう!」という社風を感じます。

K・T

たしかに。前職のときは他部署の様子までは分からなかったのですが、営業職に変わったこともあって、社内のいろいろな人に助けてもらいながら仕事ができていると感じています。

M・O

年々、仕事がやりやすくなっていると思います。それぞれが自分の仕事を全うすれば良いという雰囲気から、「みんなで協力しあって解決するべきなんだ」という社風になってきたように思います。

Y・M

サービス主管、技術主管といった主管制度ができたことも、話しやすくなった要因の一つかもしれないですね。

K・T

社長が全社員と順番にお昼ご飯を食べるランチ会があり、社長に直接、会社への思いや提案を伝えられる場もありますね。

M・O

本当になんでも聞いたり話してもらえるので話が弾みますよね(笑)。

K・T

私のときは、親会社が代わったタイミングだったので、今後の会社の方向性について直接うかがいました。

Y・M

私の部署では本部長と数名の部員でざっくばらんに話をする1onNという機会がありますよ。

K・T

私の部署は1on1ですね。部長と月1回、仕事やプライベートの話をする機会があるので、上司との距離も近くなります。

M・O

私の部署は1onNも1on1もやっています。社歴や年齢にこだわらず、誰の意見でも、納得感があれば採用しようという雰囲気は全社に通じるものだと思います。

仕事を通して成長実感を得られる会社

M・O

IDCFはお客さまのインフラを預かることもあり、役職者とお話しする機会が増えました。エンジニアでありながら、お客さまと接する中でビジネスマナーや交渉術なども身についてきたように思います。

Y・M

たしかにそうですね。エンジニア職でも、担当者の方だけでなく管理職や社長とお話しさせていただく機会が多くあります。IDCFは、自分が「こうしたい」と思ったことをやらせてくれる会社なので、やりがいがありますし、日々自分が成長していることを実感できる恵まれた環境にあると感じています。

K・T

営業職のやりがいは、自分が考えた提案を採用していただいて、仕事を受注できたときに感じます。成果がはっきり数字に表れるので、そこで成長実感を得ることができていますね。

Y・M

運用の仕事は表に出ないことが多いのですが、IDCFではお客さまと対面する機会も多く、直接、感謝の言葉をいただくこともあります。その点でも、大きなやりがいを感じることができています。

Interview & Team Talk社員インタビュー・座談会