CSR・セキュリティへの取り組み

環境への取り組み

社会の一員として地球環境を保全し、次の世代に引き継いでいくことは、人類に課せられた共通の使命です。

IDCフロンティアではいち早く環境対応型の次世代データセンター建設に取り組み、消費電力とCO2排出の削減や、環境に配慮した新たな試みを実施し、さまざまな環境保全活動に取り組んでいます。

グリーンITへの取り組み

データセンターでの環境対策

  • 環境対応型データセンターの建設

世界トップレベルのエネルギー効率を実現する環境対応型大規模データセンターを国内で東西に分散配置し、最新鋭の外気空調システムを導入することで空調消費電力の大幅削減を実現しています。

福岡県北九州市に竣工した「北九州データセンター(アジアン・フロンティア)」は、熱循環効率の改善や空調効率の最適化を追求した『GreenMall®』を採用することで空調消費電力・CO2排出量を削減に成功しました。
加えて、エネルギー管理装置(BEMS)によるエネルギー分析を導入し、GreenMall®による省エネ効果を検証し、より一層の省エネ継続・推進を図ってまいります。
新棟である5号棟からは白河データセンターと同じ、最新鋭の設計を取り入れています。

白河データセンターは、北九州データセンターの運用経験から得た高度なノウハウを基に、さらに進化させた外気空調方式を採用。年間負荷の90%以上の外気利用が可能となり、データセンターで消費する電力の多くを占める空調電力を大幅に削減し、PUE1.2以下を目指しています。

北九州データセンター (アジアン・フロンティア)のイメージ
白河データセンターのイメージ
  • サーバールームの温度監視ときめ細やかな制御

サーバールームの上限温度監視(保全対応) に加え、下限温度監視(エコ対策) も実施。冷えすぎ環境を作り出さないようこまめに空調の設定温度などの調整を行い消費電力量を抑えています。

  • 空調室外機への散水設備

屋上に設置している空調室外機に対し、夏場の外気温高温時に散水する設備を装備。「打ち水効果」で室外機の熱交換効率を高め夏場でも効率良い空調運転を可能とし、空調消費電力を抑制しています。

日本データセンター協会への参画

IDCフロンティアは、日本データセンター協会の設立に力を尽くすとともに、ワーキンググループでの活動を通じ、データセンター活用によるエネルギーの効率利用と環境配慮施策の策定・実現などに取り組んでいます。

オフィスでの環境対策

  • 社内ペーパーレス化

IDCフロンティアの社内会議では、資料はプロジェクターやイントラネットで共有し、プリントアウトしたものを配ることはほとんどありません。電子ワークフローの導入や、一部フリーアドレスの導入によりプリンターからの出力は極力減らしています。

  • クールビズ・ウォームビズ

IDCフロンティアでは、温室効果ガス排出量を削減する取り組みの一環として、お客さまにお会いする場合を除き、基本的に自由な服装で働いています。各自が上着やひざ掛けなどの服装で調整することで冷暖房の使いすぎに注意しています。