セキュリティへの取り組み

データセンターのセキュリティ対策

バイオメトリックセンサー

入退室には、静脈を照合するバイオメトリックセンサーによる承認が必要です。

静脈認証装置

ビデオによる24時間監視システム

遠隔操作のビデオ監視システムがデータセンターとその周辺を24時間365日守ります。

カメラ監視

常駐の警備員

24時間常駐の警備員が、データセンターへの接近者の監視、セキュリティ監視と、さまざま な事故管理を行います。

常駐の警備員

設備監視システム

緊急時には24時間体制のアラームが対応します。

設備監視システム

サーバー運用の監視システム

各データセンター内のNOC(ネットワーク オペレーション センター)で、24時間365日インターネット運用を監視しています。

UPSバックアップ発電機

UPS(無停電電源装置)により、商用電源に障害が発生した場合にも、安定した電源を供給しています。また、商用電力の停電時にも自家発電設備により、電力を供給します。

UPS(無停電電源装置)

ラック/ケージ

キャビネットタイプのラック、およびケージ内のオープンラックは、十分な強度を保つ耐震工法により設置されています。

ケージ

ガスベース消火システム

不活性ガスの放出により、お客さま機器に損傷を与えずに消火します。

ガス消化システム

火災予兆検知システム(超高感度煙検知システム)

空気中の微粒子を感知することにより、火災の予兆レベルで警報を発します。

能美防災(火災予兆検知システム)
超高感度煙検知システム

その他

・サークルゲート、フラップゲートによる共連れ防止措置
・ICカードによる入退室制限 など

※拠点によって一部仕様が異なります。

ファシリティ設備の詳細はこちら

このページの先頭へ このページの先頭へ