Interview #03社員インタビュー #03 Y・K

女性エンジニアが活躍できる環境で

Y・K

2015年新卒入社 / エンジニア職 / 理系卒

PROFILE

出身校:ワシントン大学 電機工学

入社後の主な業務:ソリューションアーキテクトとして技術的な面からお客さまに提案、支援を行いつつ、サービスの魅力を発信するエバンジェリストの役割も担う。現在は、主にサービスの企画業務を担当。

社会的影響力のある事業で 先進的な取り組みがしたかった

私がIDCFを志望した理由は2点あります。
1点目は事業ドメインがクラウドを主軸に展開している企業だったことです。
インフラを使った事業は国内でも大きな影響力があり、より広く価値を提供できる点が魅力的でした。また、そんな大きな事業領域で先進的な取り組みの中で仕事ができそう、という所がとても魅力的でした。

2点目は人事の採用担当者が素敵だったこと。
担当者の方が選考の時に当時の自分と同じ視点で考えてくれて、自分の未来像を具体化してくれたので、入社してどのように活躍できるかイメージしやすかったです。
「こういう人が働いている環境でなら自分の成長と共に企業の成長に貢献できる」と思えたので入社を決めました。

入社前後でギャップはあまり無かったですね。あるとしたら思っていたよりパッションとか、愛とかエモーショナルな言葉が社内で飛び交っていたことですね。
ロジカルさだけじゃない、熱さを持った方々がたくさんいたので、とてもいいなぁと思いました。

責任感と緊張感の連続でクラスアップ

実業務では1年目でソリューションアーキテクトという、プリセールスの様な形で技術的観点からソリューションを組み立ててお客さまの課題解決をお手伝いするという業務を経験しました。営業とは違うアプローチで、現場の方を説得するために技術的見解からのご説明、ご提案するにあたっての専門知識が必要となりますので、自分でもかなり勉強しIDCFのサービスに関する知識や技術的な知識・スキルが身についたと思います。
現在はその経験を活かしサービスの企画業務を担っています。
案件毎に専門知識、予算、コスト、サービス提供者目線、ユーザー目線のバランスをとりながら業務に取り組んでいます。また、エバンジェリストとしてカンファレンスやサービスの実習会などでサービス製品を知っていただくために人前でもお話することもあります。
そういった場では、会社を代表してサービスへの魅力をお伝えしたりきちんと説明ができるよう、責任感と緊張感を持って活動しています。

女性エンジニアが活躍できる環境で

研修期間の後、本配属されてから2ヵ月で生放送のオンライン講義での講師をやってみないか?というお話をいただいたんです。
ITって男性的なイメージじゃないですか(笑)。なので若い女性という目新しさと、技術的部署にいたことと、何より人前で話すことがわりと得意で、そういった経験を積める仕事をしたいと日頃から話していたので声を掛けていただいたのだと思います。準備はとても大変でしたが、学びが多く成長を実感できる経験になりました。
インフラエンジニアって縁の下の力持ちっぽい印象をもたれますが、そんなこともないんですよ(笑)。
自分の得意なことを積極的に生かそうと手を挙げれば、入社年次や男性女性に関わらず、活躍できる環境が用意されている、チャンスの多い企業風土だと思います。

また、個人の裁量に任せてもらえることが多いので、マイクロマネジメントされないからとてものびのびと働けるのかなと思ってます。もちろん、個人個人がしっかり自立していることが大前提ですね!

Y・Kさんのタイムスケジュール

07:00

起床

09:00

出勤!1日頑張るぞ

朝食を取りながら1日の計画立て、メディア/SNSでの情報収集

11:00

アウトプットタイム

前日に得た情報の社内共有と関係者間で認識合わせ

13:00

ランチ

ランチ探検隊 紀尾井町付近はランチできる場所が多いので、おいしいお店を探しています!

14:00

社内ミーティング

開発メンバー、運用メンバーとクラウドサービスの企画について議論

17:00

お客さま訪問

お客さまからクラウドサービスについてのフィードバックや、新規アイデアをいただくこともあります

18:00

カフェでちょっと仕事

お客さまと打ち合わせした内容を忘れないうちに整理

19:00

帰宅

21:00

ごはんとビール

1日の終わりに飲むビールは格別!

00:00

就寝

in Private

1週間有休を取得してイタリアに行ってきた時の写真です!旅行とグルメが大好きなので、念願のヨーロッパデビューを果たせたのがとても幸せでした♪生ハムいっぱい食べて、帰国後はしばらくイタリアンは避けてました(笑)。お金が貯まったら次はスイスにも行ってみたいです。

Interview & Team Talk社員インタビュー・座談会