導入事例

株式会社クレオ様

企業向けサービス『FACE Conference』『NEXTWISE』。
クラウドの利点を活かし、お客様のニーズに応える安価なSaaSでの提供を実現。

はがき住所録ソフト『筆まめ』で知られる株式会社クレオは、独創的なソリューションで市場から高い支持・信頼を得ています。
「ZeeMシリーズ」のラインアップの一つである、ウェブ会議コミュニケーションツール『FACE Conference』と、ビジネスアプリケーションサービス『NEXTWISE』でIDCフロンティアのクラウドをご利用いただいています。
【FACE Conferenceとは】
360社以上の導入実績を誇る、高画質・高音質なWeb会議システムです。
システム管理者がいなくても簡単に導入でき、パソコンとインターネットがあればどこでもすぐに会議が始められます。コスト削減とコミュニケーション活性化を手軽に実現できます。
【NEXTWISEとは】
簡単・便利・低価格なビジネスアプリケーションを提供するSaaS型サービスです。
オフィス業務を効率化するグループウェアや商談管理システムなど、使いやすいインターフェースで便利機能も満載。ネット経由でどこからでもすぐに利用できます。
<SaaS型サービス提供基盤>

お客様のニーズに応えるための、クラウドサービス

ICTサービス事業部 ICT開発部 部長 五嶋 剛氏
ICTサービス事業部
ICT開発部 部長
五嶋 剛氏

「FACE ConferenceとNEXTWISEでは、これまでライセンス販売を基本としてきましたが、お客様からの
(1)IT資産を持ちたくない
(2)利用開始や解約手続きをもっと簡便にしてほしい
(3)セキュリティを強化したい
(4)ライセンスの増減依頼にすぐに対応してほしい
というニーズに応えられる手段はないかと、さまざまな方法やサービスを検討しました。

ICTサービス事業部 ICT開発部 橋本 融氏
ICTサービス事業部
ICT開発部
橋本 融氏

以前利用していたコロケーションサービスでは、障害時の管理作業が大きな負担となり、サーバー手配やネットワーク構成などの作業に時間が割けませんでした。また、保守費用の肥大化が販売価格に影響し、お客様の想定価格に提供価格を近づけることは、大変難しい状況でした。」(五嶋氏)
「低価格でサービスを提供しているNEXTWISEでは、運用側として常にコスト削減を求められます。アプリケーションは、OSSを利用し開発コストの削減を実現しました。それを支えるサーバーの構築・運営といったインフラには、イニシャルコストを抑え、ユーザー数の伸びに合わせてリソースを柔軟に拡張できる、運用効率のよいクラウドサービスを利用することで対応できないかと思ったのです。」(橋本氏)

十分なネットワーク帯域と万全なサポート体制

「FACE Conferenceはアクセス集中が発生するサービスのため、ネットワーク帯域の逼迫が常に問題になってきました。しかし、トラフィック量に応じた課金ではコストに見合いません。一方、IDCFのクラウドは十分なネットワーク帯域を備えている上に、月額費用が固定です。これが導入の大きな決め手になりました。
また、マスターイメージを準備しておけば、サーバー環境をすぐに構築できる点も、評価しました。」(五嶋氏)

「NEXTWISEでは、IDCFのクラウド提供元であるMSのサポート外のOSを使っているためにレスポンス低下が発生したことがありました。しかし、IDCフロンティアの営業・サポート担当者にしっかりサポートをして頂き、クロック数の改善提案などで、無事乗り切ることができました。」(橋本氏)

「"1企業にサーバー1台"というサービス提供方法を、SaaS化でマルチテナント型にすることで、効率的なインフラの活用や運用の共通化ができ非常に助かっています。」(五嶋氏)

目標はIDCFのクラウド上でのライセンス販売

「今年度は新しいSaaSサービスを企画中です。中小企業で使えるアプリケーションのラインナップを増やし順次IDCFのクラウドに収納し、規模も大きくしていきたいです。また、SaaS形態でのサービスではなくライセンスの購入を希望されるお客様もいらっしゃいます。そういったお客様からは、インフラの運営や保守部分を切り出したいというご要望があるので、IDCFのクラウドとセットで提供できたらと思っています。」(五嶋氏)
NEXTWISEでIDCFのクラウドを導入いただき、立て続けにFACE Conferenceでもご利用を開始いただいたクレオ様。IDCフロンティアは、お客様との密な信頼関係を築き上げ、コスト削減はもちろん収益向上にも大きく貢献できるよう努めて参ります。

導入企業様 会社概要

導入企業様 会社概要
会社名 株式会社クレオ
所在地 東京都港区高輪3丁目19番22号
設立 1974年3月
取締役社長 土屋 淳一
資本金 3,149,650千円
従業員数 639名(2010.3.31現在)
事業内容 システム開発事業、パッケージソフトの企画・開発・販売事業
ヘルプデスクサービスなどのサポートサービス事業など
URL http://www.creo.co.jp/新規ウィンドウを開きます

掲載内容は、本事例の掲載2010年6月18日時点の情報です。

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

2010年06月18日掲載