導入事例

株式会社 CSK Winテクノロジ様

ユーザーの使用感を変えずに、短期間で提供できるCRMアプリケーション。SaaS化は将来的な事業の柱。

Microsoft Dynamics CRMによる、顧客情報管理・案件情報管理アプリケーションをSaaSで提供する『WinCRM on Demand』。営業や現場担当者が持つ情報の“ブラックボックス化”を解消し、業務プロセスの共通化や案件ステータス情報などの共有を容易とすることで、顧客ニーズへの的確な対応を支援します。仮想化された環境をお客様専用にご提供することによる企業固有の要件への対応や、提案型営業モデルをはじめとした様々なテンプレート、WebスケジューラなどのCSK Winテクノロジ独自のオプションモジュール、国内拠点によるきめ細やかなヘルプデスクサービスなどで、日本企業が使いやすい・使いたいと思えるCRM サービスです。2009年5月、CSK Winテクノロジ、IDCフロンティアとの協業により、一般企業向け商用サービスとして、IDCフロンティアのクラウド上で提供を開始しました。
<SaaS型サービス提供基盤>

SaaS型アプリケーションが求められる市場背景

第二開発部 第三開発グループ xRM、SQL-BI担当 グループ長 村井 豊一氏
第二開発部 第三開発グループ
xRM、SQL-BI担当 グループ長
村井 豊一氏

「WinCRM on Demandの主なクライアントですが、民間企業のみならず、最近は自治体、公共事業および文教市場が拡大しています。文教市場の例では、アメリカで数年前から盛んな"大学生をカスタマーと見たてたCRM"の活用があります。少子化傾向の昨今、日本の大学でも学生を囲い込む需要が高まっています。具体的には、在学生や卒業生、受験生と各種施策のマネージメントツールとしてCRMを利用し、ブランドイメージの向上を図ったり、バイラル効果により学生を集めたり、公開ゼミの告知や会費の管理などを行ったり、学生カルテという形で学生中心の情報統合を行います。このような施策は効果の定量的な事前予測が立てにくいという一面があり、イニシャルコストの圧縮が大きな課題です。これらの背景やニーズから、スモールスタートが可能なSaaS型のCRMサービスが求められているのです。」と、第二開発部 第三開発グループ グループ長の村井氏は語ります。

従来の構築型では提案できない価格帯の実現

世界的な不況が続きIT投資が削減傾向の中、お客様のニーズに応え、コスト削減を実現させるためにアプリケーションをSaaS形式で提供可能にしました。また、その目標を実現させるために、プラットフォームとして導入されたのがIDCFのクラウドです。導入を検討していた当時に比べ、想定していた販売価格より半額以下でご提供が可能になっています。

価格が一番の決定理由

「導入を検討する段階で、他にも様々な企業からの提案がありましたが、アウトソース型でセキュリティが弱い、それにスピード感がないなどの懸念点がありました。さらに、弊社内でも構築や運用に相当量のリソースをかけなければならないというような提案が大多数で、それではSaaS化してもコスト削減に結びつけるのが難しく、自社でデータセンターを利用して運用するのと変わらないと考えました。それらの提案に比べ、IDCFのクラウドはお客様の用途を考慮しながら構成でき、100%近く運用を任せられます。中でも決定打は、他社比較において半額近い価格でした。 IDCFのクラウドの導入や運用にあたっては新たな人材を追加することなく、少なくとも6~8人分の人件費を削減することもできました。開発者の空いた業務リソースを有効活用でき、会社にとっても開発者本人にとっても大きなメリットでした。」(村井氏)

SaaS化での提供は、構築の選択肢の一つではなく、将来的な事業の柱

「IDCFのクラウド上でのSaaSサービスの提供にあたっては、運用管理の仕組みやルール、SLA、セキュリティに対して、他社のSaaS事業者と同等のレベルまで引き上げることに注力しました。現在では、差別化要素となるレベルであると考えています。そして、今後はDynamics CRMを主体としたサービスから、CSK Winテクノロジオリジナルワークフロー製品であるSmartWorkflowの提供など、さらに様々な付加サービスを充実させることにより、大企業の部門レベルや中堅中小企業に対して、総合的なインフラ環境としてのサービスを、最適な費用で提供していくことを目指しています。」(村井氏)
IDCフロンティアは、機能の拡張で利用形態を広げ、さらにビジネスパートナーとしてより良いご提案ができるようサポートさせていただきたいと思います。

導入企業様 会社概要

導入企業様 会社概要
会社名 株式会社 CSK Winテクノロジ
所在地 (本社)
東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル20階
(西日本開発部)
大阪府大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル13階
設立 1994年6月17日
代表取締役社長 古宮 浩行
資本金 1億円
社員数 170名(2009年4月現在)
事業内容 ITコンサルティングサービス
アプリケーション開発サービス
インフラ設計・構築サービス
プロダクト開発・販売サービス

掲載内容は、本事例の掲載日2009年12月21日時点の情報です。

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

2009年12月21日掲載