導入事例

シックス・アパート株式会社様

CMSのプロとクラウドのプロが一緒にお客さまを支える

離脱が少ないのはIDCFクラウドのおかげでもあると感じています

シックス・アパート株式会社(以下、シックス・アパート)が提供しているMovable Typeは、2001年に誕生し、簡単、安全にWebサイトを更新、運用できるCMSとしてシェアを伸ばしてきました。CMSとして個人だけでなく、中小企業から大企業、官公庁まで幅広く採用されています。

同社はクラウド環境にも早くから着目。そこで利用されているのがIDCフロンティアの「IDCFクラウド」。

「幅広いサーバーのラインアップだけでなく、標準で冗長構成(HA機能)や監視機能があり 、“安定性”が高く、信頼できると考えIDCFクラウドの導入を決めたのは2012年です」

そう語るのは同社取締役CTOの平田大治氏。今回は、平田氏とセールスエンジニア・システムを担当している草野幹基氏にIDCFクラウドの魅力をうかがいました。

右から、セールスエンジニア・システム担当草野氏、 取締役兼CTO平田氏、IDCフロンティア営業担当木村

よりスピーディーにサービスを提供すべく、いち早くクラウドに目を向けた

同社がクラウド化に踏み切ったのは2010年代に入ってすぐ。「クラウドによりソフトウェアビジネスは変わる」という声をいち早く拾って、Movable Typeの提供方法を増やしたいと考えていたそうです。

取締役CTO 平田氏
取締役CTO 平田氏

「当時、Movable Typeはサーバーにインストールしてもらって利用するアプリケーションのみでした。ソフトウェアはもちろん、お客様視点で見ると、サーバーも購入してもらうなど、初期費用だけでなく、時間もかかっていまいた。クラウドなら素早く低コストで始められると考えて、環境整備に力を入れました」(平田氏)

クラウドはオンプレミス型よりセキュリティ対応を素早く行えるところも決定打になったと平田氏は続けました。「ソフトウェアアップデートを忘れることもありますよね。環境ごと提供できるクラウドなら、アップデートもこちらでサポートできます」(平田氏)

“安定しているクラウド”、だから安定したサービスが提供できる

クラウド環境を構築するに当たって、特に意識したのは「安定性」。不具合がクラウドで起きていてもお客さまにとっては「Movable Type クラウド版で不具合が起きている」となってしまう。

「不具合が起きてもすぐに原因が特定できる、お客さまを安心させられる環境を作りたいと考えていました」(平田氏)

クラウドサービスの提供当初は、IDCフロンティア以外のサービスでもMovable Type クラウド版の提供を行なっていました。「クラウド自体がまだ新しい概念だったこともあり、思ったより安定しないことが多かったんです」と平田氏は続けました。

「IDCFクラウドは、標準で冗長構成や監視、バックアップ機能なども備えており高い安定性が担保されているように感じました。機能に対してコストもリーズナブルで満足しています」(平田氏)

さらに、コミュニケーションを密にとることで生まれた安心感、満足感

「Movable Typeは簡単に低コストでWebサイトを立ち上げるのに向いているイメージが強いんですが、現在、地方自治体、政府系、そして上場を控えられた企業さまにお使いいただくことが増えてきました」(草野氏)

「大きなニュースが起きたとき、Webサイトにアクセスが集中して落ちてしまう。CMやテレビの特集で商品が話題になったとき、Webサイトが開かなかったらチャンスを逃してしまいますよね。Movable Typeはこういったケースに強いんです。お申し込みから利用開始までもとてもスピーディーです。短いお客様だと2日後にはサイトを公開している例もありました。『晴れの舞台でWebサイトを落としたくない』ときにオススメします」(平田氏)

欲しいときに素早く提供できるのは、まさにクラウドの利点と同じ。

「ついでに”低コスト”で”多機能”でもあります。弊社が使っているIDCFクラウドの機能、周辺サービスは常に増え続けています。現在IDCフロンティアさんで提供しているFastly社のCDNサービスは元々知っていて、品質が高くお客さまにも提案しようと検討していました。リーズナブルに提供したいと考え、弊社から要望を出して、対応いただいたこともありました。国内だけでなく、海外popからも配信できるようになったことでよりお客さまの要望にお応えすることができています。クラウド環境が充実すれば、Movable Typeも充実するんです」(平田氏)

セールスエンジニア・システム担当 草野氏
セールスエンジニア・システム担当 草野氏

「あと、IDCフロンティアさんは良くも悪くも連絡を頻繁にくれるんです(笑)。『うるさいな』と思ってしまうかもしれませんが、実はこうしたことはとても大事なんです」(草野氏)

「トラブルはいつ起きるかわかりません。でも、IDCフロンティアさんはメンテナンス情報から小さな機器の更新、変更作業まで逐一連絡をくれるし、クラウドの管理画面上からでも情報を確認できるので、もしトラブルが起きても原因を想定しながらお話しすることができるんです。これは、お客さまにとっても弊社にとっても強い安心感となります」(草野氏)

「でも、利用し始めてから7年間、大きなトラブルはないんです(笑)。冗長構成になっているとはいえ、実際はほとんど切り替わりなど発生していないぐらい安定しています」(平田氏)

IDCFクラウドに関してお二人から「大満足です!」との言葉をいただきました。クラウドの稼働率はMovable Type クラウドの安定性にも直結しており、「離脱率が少ないのはIDCFクラウドのおかげでもあると感じています」と平田氏は語ってくれました。

構成図

シックス・アパート様 ネットワーク構成図

プロとして共にお客さまを支え、頼れるパートナーであり続けたい

「Movable Type クラウドは、マネージドサービスと言ってもよいでしょう。お客さまの足回りを弊社が請け負う。IDCフロンティアさんはそんな弊社のクラウド環境を一括して請け負ってくれる。CMSのプロと、クラウドのプロが一緒になってお客さまのWebサイトを支えるイメージですね。お客さまから『こんなことできる?』と相談されるのは嬉しいので、Webサイトだけではなく『サイトに関わるものすべて』を相談いただけるよう、頼りになるCMS、会社でありたいと思います」(草野氏)

導入企業様 会社概要
会社名 シックス・アパート株式会社
設立 2003年12月
代表取締役社長 古賀 早
事業内容 CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)や、ブログサービス、フォームやサイト内検索サービスなど企業のWebサイト構築、マーケティングを支援する製品・サービスを提供
URL https://www.sixapart.jp/新規ウィンドウを開きます

※掲載内容は、本事例の掲載日時点の情報です。
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

2020年03月18日掲載