Zenlogicへの移行サポート提供終了/仕様変更 機能一覧

提供終了機能

機能名 内容
サーバセキュア化サービス

「サーバセキュア化サービス」は、Zenlogicへの切替えに伴って提供終了となり、SSLサーバー証明書「BIZCERT(月額)」として、新サーバーへ移行いたします。(「BIZCERT」にてWEBサイトの暗号化通信を行います。)

【主な影響】
メール/FTPで利用のホスト名「www.」での暗号化通信ができなくなります。
※「www.」を指定していない場合は影響ありません。

【対処例】
メール/FTPの暗号化通信は、Zenlogic提供の共有SSL(無料)をご利用いただくこととなりますので、Zenlogicへのサービス切替え完了後に、ご利用のメール/FTPソフトの設定変更をお願いいたします。
※恐れ入りますが、お客様ドメイン名でメール/FTPの暗号化通信を行うことは出来ません。
詳細についてはこちらをご参照ください。

簡易バックアップサービス

「簡易バックアップサービス」は、Zenlogicへの切替えに伴って提供終了となります。

【対処例】
バックアップ機能のご提供につきましては、弊社でも重要な課題として認識し、検討しておりますが、現時点で明確なご提供時期等のご案内が困難です。何卒ご了承ください。
「簡易バックアップサービス」と同等機能のご利用をお急ぎの場合は、お手数ですが、他サービスやプログラムのご利用をご検討ください。

全文検索設定

「全文検索機能」は、Zenlogicへの切替えに伴って提供終了となります。

【対処例】
WEBサイト内の検索機能は、現在、インターネット上で様々な類似サービスが提供されております。お手数ですが、お客様のご運用に沿ったサービスの導入をご検討ください。

会員制WEB設定

現在ご利用の「会員制WEB設定」は【Basic認証】を用いた機能となりますが、Zenlogicでは安全性の高い【Digest認証】を採用した「WEBアクセス制限」を提供しています。

【主な影響】
Zenlogic移行プログラムをご利用いただくことで、現在の会員制WEB設定は引き継がれますが、Zenlogicのサーバー管理画面『コントロールパネル』上で、会員制WEB設定の各種変更(メンバー追加/削除、パスワード変更等)は出来ません。
【対処例】
今後も継続してWEBサイトのアクセス制限を行われる場合は、『コントロールパネル』から簡単に設定変更を行っていただけるよう、「WEBアクセス制限」への変更をご検討ください。

Urchinサービス

WEBアクセス解析ツール「Urchin」は、Zenlogicへの切替えに伴って、提供終了となります。

【対処例】
Zenlogicでは、同等の機能をもつ「Webalizer」を標準(無料)提供しております。「Webalizer(英語)」ではお客様のWEBサイトに対してどのような(どれだけの)アクセスがあったかをグラフ表示で認識することができます。
加えて、日ごと時間ごとの訪問者数、ページビュー数、リンク元ランキングなどを確認することができます。

ログ解析(Analog)

WEBアクセス解析ツール「Analog」は、Zenlogicへの切替えに伴って、提供終了となります。

【対処例】
Zenlogicでは、同等の機能をもつ「Webalizer」を標準(無料)提供しております。「Webalizer(英語)」ではお客様のWEBサイトに対してどのような(どれだけの)アクセスがあったかをグラフ表示で認識することができます。
加えて、日ごと時間ごとの訪問者数、ページビュー数、リンク元ランキングなどを確認することができます。

ダイレクトファイル便(desknet’s DAX for ASP)

「ダイレクトファイル便」は、Zenlogicへの切替えに伴って提供終了となります。「ダイレクトファイル便」は、株式会社ネオジャパンのファイル配信システム「desknet's DAX」を提供するオプションサービスです。

【対処例】
今後も同等機能の利用をご希望の場合は、恐れ入りますが、他社サービスのご利用をご検討ください。

サイバートラストEVサーバー証明書取得代行サービス

「サイバートラストEVサーバー証明書取得代行サービス」は、Zenlogicへの切替えに伴って提供終了となります。

■サービス切替えのお客様
弊社にてZenlogicへ証明書を移行いたします。
※次回更新時の手続き代行を承ることは出来ません。

■契約切替えのお客様
お客様にてZenlogicの『コントロールパネル』より、証明書の設定が必要です。
詳細は、サポートセンターへお問合せください。

お客様作業が必要な機能

機能名 内容
他社ネームサーバー(DNS)

Zenlogicへの切替えに伴い、お客様ドメイン名のネームサーバー(DNS)情報、ならびにサーバーのIPアドレスが変更となります。

現在、お客様ドメイン名のネームサーバー(DNS)として、他社のネームサーバーを利用されている場合は、Zenlogicへの切替え完了後、お客様にてDNSゾーンの変更作業が必要です。

例)
・お客様ドメイン名のAレコードを、ZenlogicのIPアドレスへ変更する
・お客様ドメイン名のNSレコードを、Zenlogic提供のネームサーバー(DNS)へ変更する

※他社ネームサーバー(DNS)でのDNSゾーン変更方法は、お手数ですが該当ネームサーバー(DNS)の提供元へご確認ください。

日本語JPドメイン名

現在のサーバーで「日本語JPドメイン名」をご利用中の場合は、お手数ですが、Zenlogicへ切替え後、お客様にて以下の作業をお願いいたします。

1)Zenlogicのサーバー管理画面『コントロールパネル』より、日本語JPドメイン名の「ドメインの設定」を行う
2)1)で割り当てられた日本語JPドメイン名のネームサーバー(DNS)を確認する
3)日本語JPドメイン名の管理画面(他サービス)より、ネームサーバー(DNS)情報を新しいものに変更する

コンテンツ自動更新機能

「コンテンツ自動更新機能」は、Zenlogicへの切替えに伴って提供終了となります。 切替え後は、WEBコンテンツ更新用のスクリプトをお客様にてご用意いただき、「cron設定」を活用いただくことで、同様の動作を実現することが可能です。

その他ご注意が必要な機能

機能名 内容
サブドメイン名

Zenlogicへの切替えに伴い、お客様ドメイン名のネームサーバー情報、ならびにサーバーのIPアドレスが変更となります。

【対処例】
現在「サブドメイン名」で弊社サーバーをご利用中の場合は、Zenlogicへの切替え時に、上位ドメイン名(親ドメイン名)のDNSゾーン変更についても考慮いただく必要がございます。
ご注意ください。
※他社ネームサーバーでのDNSゾーン変更方法は、お手数ですが該当ネームサーバーの提供元へご確認ください。

他社SSLサーバー証明書(持ち込み証明書)

現在のサーバーに設定している他社SSLサーバー証明書(持ち込み証明書)は、Zenlogic切替えに伴って移行作業が必要です。

■サービス切替えのお客様
弊社にてZenlogicへ証明書を移行いたします。

■契約切替えのお客様
お客様にてZenlogicの『コントロールパネル』より、証明書の設定が必要です。
詳細は、サポートセンターへお問合せください。

メーリングリスト設定

「メーリングリスト」はZenlogicへの切替え後も、現在のサーバーに設定されているメンバーアドレスやアクセス制御等の設定は引き継がれます。
ただし、Zenlogicホスティングの「メーリングリスト」では、以下の機能がご利用いただけません。あらかじめご了承ください。

・リモート管理機能(コマンドメール)
・ログのHTML化
・FTPによるメンバーファイル(actives/members)の更新(※)

※メーリングリストのメンバー登録や削除は、Zenlogicのサーバー管理画面『コントロールパネル』より行っていただけます。