トピックス(2022年)

【新オプション追加】「IDCFプライベートクラウド」高信頼・大容量の個社専用ストレージオプション提供開始

2022年11月21日

2022年11月21日より、「IDCFプライベートクラウド TypeV 2020(以下、IDCFプライベートクラウド)」のオプションメニューとして、高信頼・大容量の個社専用ストレージ機器を追加できる「ストレージオプション for プライベートクラウド(*1)」の提供を開始します。

「ストレージオプション for プライベートクラウド」は、「IDCFプライベートクラウド」で提供しているVMware vSAN™(以下、vSAN)とは別にNetApp社製の個社専有ストレージ機器を接続し、仮想化基盤のデータストアとして利用できる機能を提供します。

データドリブン傾向にともない、従来のHCI型基盤では、データ資産が増加すると、メモリ、CPU資源が余剰となってしまいますが、本オプションによりデータ格納場所だけを独立して増強することができるようになります。
なお、本オプションと「IDCFプライベートクラウド」のvSANは併用可能なため、利用用途に合わせて最適なデータ保管環境や構成(vSAN領域、ストレージオプション)の使い分けができるようになります。

このオプションサービスの特長および詳細は次の通りです。

1. システムやデータの特性に合わせたデータ保管場所の配置ができる。
2. 従来のvSAN環境と併用によるそれぞれのデータ相互バックアップが可能
3. オンプレミス仮想化環境と同様の3Tier構成の継承が可能
4. NetApp社製の独自ストレージ機能の利用が可能*1
*1 一部機能制限をしています。

料金・仕様一覧

ストレージオプション
for プライベートクラウド
AF250‐50
ストレージオプション
for プライベートクラウド
AF250‐100
料金(初期費用なし) 900,000円~/月 1,250,000円~/月
契約期間 2年~5年
ストレージ仕様(プロセッサ数) 12コアCPU x 2
ストレージ仕様(メモリ容量) 128GB
ストレージ仕様(NVRAM/NVMEM) 16GB
ディスク仕様 NS224 NVMe SSD 7.6TB
ディスク数*1 12本 24本
ストレージ容量*2 約50TB 約100TB

*1 ストレージ機器内部でのディスク増設不可。容量を増やしたい場合は、追加契約により、ストレージ機器を追加することができます。
*2 ストレージ機器が持つDISKの物理容量であり、ユーザが利用できる容量はこれより少なくなります。
※表示価格はすべて税抜きです。



提供機能*1 ストレージオプション for プライベートクラウド
QoS(アダプティブ)
FlexVolume
FlexGroup ×
FlexClone ×
deduplication
compression
compaction
Snapshot
SnapRestore
MetroCluster ×
SnapMirror ×
SnapVault ×
SnapCenter ×
System Manager
Unified Manager ×
ONTAP Tools for VMware vSphere ×
ログ保存, 参照
SnapLock ×
Onboard Key Manager ×
Multitenant key manager ×
NetApp Storage Encryption ×
NetApp Volume Encryption ×
データ消去
(契約終了時のみ)

*1 各機能の直接操作不可または参照のみ



■サービスへのリンク

IDCFプライベートクラウド