導入事例

トライコーン株式会社様

事業拡大と共に増えるサーバーの負担。高い拡張性と安定性を実現するネットワーク。

1997年、日本で初めてのデータベース連動型メール配信ASP「アウトバーン」の提供を開始したトライコーン。以来、その高機能やサポートの充実ぶりが評価され、大手企業や官公庁など700社以上が継続的に利用しています。そして、メール配信に最優先で求められる高い安定性とセキュリティ面をサポートしているのが、IDCフロンティアの提供する「マネージド・ホスティング・ソリューション」です。
<メール配信ASP>

処理性能の向上を実現、堅牢性もアップ

成長とともにシステムへの負担が急増

代表取締役 社長 CEO 花戸 俊介 氏
代表取締役 社長
CEO
花戸 俊介 氏

かつてのトライコーンは某社のデータセンターを利用していましたが、好調な業績に伴いクライアントとメール配信数が増加。日をおって既存サーバーへの負担が大きくなり、また近い将来の運用・監視業務の煩雑化も予想されました。よって安定性確保の面もふくめシステムの冗長化を図り、体制も大幅に見直すことになったのですが、そこで選ばれたのがIDCフロンティアの「マネージド・ホスティング・ソリューション」でした。

ネットワークからサーバーまでを一元管理

取締役 技術担当 最高情報セキュリティ責任者(CISO) 鈴木 則夫 氏
取締役 技術担当
最高情報セキュリティ責任者(CISO)
鈴木 則夫 氏

IDCフロンティアが提供する「マネージド・ホスティング・ソリューション」では、システムの総合的な運用管理をサポート。ネットワークからサーバーまでを一元管理する優位性を活かし、お客様のご希望に合わせた最適なサイト構築を支援します。また、万一の障害時にも、原因の切り分けやサポート体制において、迅速かつ的確に対応することが可能です。

システム全ての冗長性が実現、負荷も軽減

「マネージド・ホスティング・ソリューション」導入後、スピーディな対応によりシステムの増強はスムーズに進み、そのすべての冗長化が実現。希望通りのシステムを構築することができました。これにより高いパフォーマンスと安定性が確保され、ユーザーに一段上のサービスを提供することが可能に。また運用管理面を委託したことで、障害対応など負荷の軽減も達成しました。
トライコーンでは、IDCフロンティアのサービスを十二分に活用しつつ、メッセージ分野のナンバーワン・カンパニーを目指しています。

掲載内容は、本事例の掲載日2006年7月10日時点の情報です。

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

2006年07月10日掲載