はじめての方へ

Step2. エンドポイントについて

ビッグデータ分析プラットフォーム「トレジャーデータサービス by IDCF」では用途に応じて複数のエンドポイントを提供しています。
以下に現在提供しているエンドポイントをご案内します。

 ・ コンソールエンドポイント: console.ybi.idcfcloud.net
 - ブラウザ経由で操作する際に指定するエンドポイントとなります。

・ APIエンドポイント: api.ybi.idcfcloud.net
 - コマンドラインツールで操作する際に指定するエンドポイントとなります。

ストリーミングインポート用APIエンドポイント: api-import.ybi.idcfcloud.net
  - Fluentdおよびtd-agentでストリーミングインポートを行う際に指定するエンドポイントとなります。

・ クライアントSDKエンドポイント: idcf.in.treasuredata.com
 - TreasureData社が提供するインポート用のSDK(Android SDK/iOS SDK/Unity SDK/JavaScript SDK)を利用する際に指定する、ログ収集専用のエンドポイントとなります。

・Presto JDBC/ODBC: api-presto.ybi.idcfcloud.net
 - JDBC/ODBC接続する際に利用するエンドポイントとなります。

このページの先頭へ このページの先頭へ