はじめての方へ

CDNの利用方法(イメージオプティマイザー)

CDNはWebサイトへのアクセス増加やコンテンツの大量配信などにおいて、サーバー負荷・帯域の逼迫を軽減し、高速で安定した配信を実現するサービスです。
今回はCDNで画像を自動変換し配信するためのオプション機能「イメージオプティマイザー」を利用する際のサービス作成方法をご紹介します。

IDCFクラウドCDN イメージオプティマイザーについて

イメージオプティマイザーは一度有効化してサービスを作成すると、イメージオプティマイザーに特化した設定が作成されます。
あとからイメージオプティマイザーの機能のみを無効化することは出来ません。イメージオプティマイザーが必要ない場合はスタンダードを選択してサービスを作成してください。

スタンダードでCDNを作成する場合の手順はこちらご参照ください。

※イメージオプティマイザーの利用には、URLにクエリパラメーターを付与してAPIを指定する必要があります。クエリパラメーターの付与方法など、お客さまのシステム環境に関するサポートはできかねますのでご注意ください。

イメージオプティマイザーのサービス詳細や、注意事項に関してはこちらをご参照ください。

1. 新規サービスの作成

クラウドコンソールのCDN設定画面上の「サービス作成」をクリックします。

サービス作成ボタン

CDNの作成画面で「イメージオプティマイザー」のタブを選択します。
イメージへのリクエスト 10,000リクエストあたり8円の費用がCDNとは別で発生します。

IO作成画面

サービス名、ドメイン、オリジンサーバーを登録します。

独自ドメインを使用する場合
すでに取得されている独自ドメインを使用する場合はお客さまがお使いのDNSにてCNAMEを設定する必要があります。詳しくは4.CNAMEの登録で解説します。

IDCFドメインを使用する場合
サービス作成と同時に専用のドメインが自動で払い出されますので、特別な操作は必要ありません。
払い出されるドメイン例:abcdef333ghq.user-space.cdn.idcfcloud.net

※所有している証明書を使用してCDNで配信する場合は別途証明書の登録(有料)が必要となります。

IO作成画面

必要なオプションの選択を行い、最後に「確認画面へ」をクリックします。
※オプション機能である「オリジンシールド」は、イメージオプティマイザーを使用する場合は必須となります。オリジンシールドについてはこちらをご確認ください。

確認画面ボタン

設定項目を確認して「登録」をクリックしてください。

登録ボタン

2. 登録の確認

サービスを登録して反映されるまでは最大1日程度かかります。

ステータス確認

サービスが正常に登録されるとバージョンが「Version3」となり、ステータスは「draft」となります。

ステータス、バージョン確認

3. サービスの有効化

初期設定を行いサービスの有効化を行います。

CDNの設定画面で作成したサービス名をクリックします。

サービス名押下

表示された画面の「イメージオプティマイザー」をクリックし初期設定を行います。

IOボタン

初期設定で選択できる項目は次の通りです。

項目 説明
WebP配信 配信するコンテンツのフォーマットを自動でWebPに変換する設定です。 オンにするとWebP対応のブラウザへのコンテンツは、自動でWebPに変換され配信されます。
※WebP対応ブラウザについてはこちら
JPEGのフォーマット前 JPEGのフォーマットを行う設定です。デフォルトではオリジナルのJPEGを配信する設定になっています。
JPEGの標準画質 JPEGの標準画質を調整する設定です。調整によって画像の容量を削減することが可能です。
VCL どのコンテンツに対してイメージオプティマイザーを使用するのか定義しています。デフォルトでは拡張子が「.gif」「.png」「.jpg」「.jpeg」「.webp」であるコンテンツに対してイメージオプティマイザーが適用される設定になっています。

上記の項目を設定し、「更新する」をクリックしてください。

設定画面

最後に「有効」をクリックしてサービスを有効化します。

有効化ボタン

上記の設定に加え、APIを利用した柔軟な画像変換が可能です。
詳細に関してはこちらをご参照ください。

4. CNAMEの登録

すでに取得済みの独自ドメインを利用する場合は、お客さまがお使いのDNSにCNAMEを登録する必要があります。IDCF独自ドメインをご利用の場合はこの項目を飛ばして次に進んでください。

登録するFQDNによって配信拠点などが変わります。次の表からご利用になりたい内容を選択し、そのFQDNをDNSに登録してください。

FQDN TLSバージョン 配信拠点 証明書の利用形態
global.cdn.idcfcloud.net TLS1.2のみ 全拠点 持ち込みTLS証明書
region.cdn.idcfcloud.net TLS1.2のみ ASIA, North America, Europe
※アクセス元は問わず、必ず上記のうち一番近い拠点から配信を行います。
持ち込みTLS証明書
island.cdn.idcfcloud.net TLS1.2、TLS1.1、TLS1.0 全拠点 TLS共有証明書、TLS共有ワイルドカード証明書
island-region.cdn.idcfcloud.net TLS1.2、TLS1.1、TLS1.0 ASIA, North America, Europe
※アクセス元は問わず、必ず上記のうち一番近い拠点から配信を行います。
TLS共有証明書、TLS共有ワイルドカード証明書

全拠点で持ち込みTLS証明書による配信を行う場合の設定例
example.com CNAME global.cdn.idcfcloud.net

※配信拠点によってCDNの利用料金が変わります。料金に関してはこちらをご確認ください。

5. キャッシュの確認

最後に正常にCDNにキャッシュされているか確認します。
確認方法はこちらをご参照ください。

以上で設定は完了です。

このページの先頭へ このページの先頭へ