[Linux] サードパーティのツールご利用ガイド

s3cmd のご利用方法

s3cmdはLinuxで動作するストレージ操作CUIです。

■注意点

・s3cmdは、外部のソフトウェアになりますので、弊社で動作保証は行っておりません。ご了承の上ご利用ください。
・オブジェクトストレージのご利用は、当社「IDCFクラウド」、または「セルフクラウド」にてアカウント登録が必須となります。
(仮想マシンなどクラウドサービスのご利用は無くても、オブジェクトストレージサービスのご利用は可能ですが、アカウント登録は必須となります)



以下に、当社「IDCFクラウド」、または「セルフクラウド」にて、CentOS(当社用意テンプレート)をご利用の場合を例にご案内します。

1.事前準備


SSH接続が可能な仮想マシンを用意します。

※すでにご利用中の仮想マシンでも問題ありません。
※仮想マシンのスペックによる制限はありません。
※当社「IDCFクラウド」や「セルフクラウド」ではない環境(サーバー、PC、一部のストレージ)からもオブジェクトストレージのご利用は可能です。



2. s3cmdのインストール

CentOS5、6、7系の場合



s3cmdのソースコードのダウンロード
(2014/11/1時点での最新version 1.5.0-rc1(s3cmd-1.5.0-rc1) をダウンロードします)

# wget http://sourceforge.net/projects/s3tools/files/s3cmd/1.5.0-rc1/s3cmd-1.5.0-rc1.tar.gz
(一行で入力します)

 最後に「`s3cmd-1.5.0-rc1.tar.gz' へ保存完了」が出たら成功です。

ダウンロードしたファイルを展開
# tar zxvf s3cmd-1.5.0-rc1.tar.gz

ディレクトリの移動
# cd s3cmd-1.5.0-rc1

インストール
# python setup.py install

日付処理モジュールのインストール
# yum install python-dateutil

   Is this ok [y/N]:  が表示したらy を入力してEnter
  Complete! が表示したら成功です。

s3cmdのインストール完了を確認
# s3cmd --version  
(出力)
 ┗> s3cmd version 1.5.0-rc1    これが出力されたらs3cmdのインストール成功です。




3. s3cmdの初期設定


以下の手順を実行します。
# s3cmd --configure      s3cmdの設定モードへ移行

Access Key:        コントロールパネルで発行したAccess Keyを入力
Secret Key:        コントロールパネルで発行したSecret Keyを入力

Encryption password:          Enter
Path to GPG program [/usr/bin/gpg]:  Enter
Use HTTPS protocol [No]:        Enter or httpsを使う場合はy
HTTP Proxy server name:        Enter

Test access with supplied credentials? [Y/n] n
Save settings? [y/N] y           設定を保存
Configuration saved to '/root/.s3cfg'   設定ファイル「.s3cfg」が/root/の下に保存された


※この3の手順を途中で間違えた場合は、再度3の手順をやり直して構いません。上書きされます。
※プライベートコネクトで接続する場合は、「https」接続ができません。「http」で設定してください。


4. アカウントの設定


「.s3cfg」を編集し、エンドポイントを指定します。

ホームディレクトリへ移動
# cd

viで下記の部分を編集
# vi .s3cfg
host_base = ds.jp-xxx.xxx.com         IDCFのエンドポイントに変更
※エンドポイントはWEB画面でご確認下さい。

host_bucket = %(bucket)s.ds.jp-xxx.xxx.com   IDCFのエンドポイントに変更
※%(bucket)s.を消さないようご注意下さい。
※プライベートコネクトはエンドポイントが異なります。最後が「.local」となります。


---------.s3cfg作成後にhttps有効/無効を編集したい場合-----------
send_chunk = 32768 httpsを有効にする場合は左記のように変更します。
use_https=False httpsを有効にする為には=Trueに変更します。
※プライベートコネクトで接続する場合は、「https」接続ができません。「http」で設定してください。

-------------------------------------------------------------

.s3cfgを上書き保存


以上でs3cmdの初期設定は完了です。
s3cmdの基本的なご利用方法は、下記のよくあるご質問「s3cmdのコマンド一覧」をご参照ください。
その他のご利用方法につきましては、Web にて公開されている一般情報などをご参考ください。

このページの先頭へ このページの先頭へ