機能別マニュアルデータベース利用時の注意事項

レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」でデータベースを快適にご利用いただくための注意事項をご確認ください。

バックアップ機能のデータ利用について

コントロールパネルのデータベース画面で提供しているバックアップ機能は、同じバージョンのデータベースでご利用いただくことを前提としています。
バックアップ機能で保存したデータを、異なるバージョンのデータベースには利用しないでください。

※バックアップ機能で取得したデータを、データベースのバージョンアップなどに利用すると破損する可能性があります。
データベースのバージョンアップ時などは、データベース管理ツール(phpMyAdmin等)をご利用ください。

※破損したデータベースを弊社にて修復することはできません。あらかじめご注意ください。

データベースを使用するプログラムに関して

データベースに接続し、処理を行うためのプログラムに関しては、お客様にてご用意ください。
オリジナルのプログラムをご利用になる際の注意事項に関しては、以下の内容をご確認ください。
WEBの提供仕様

サーバー上のデータについて

サーバー上に保存されているデータベースのデータに関する保守・管理は、お客様で行ってください。
コントロールパネルやデータベース管理ツール上でお客様が削除されたデータベースは、当社にて復元することはできません。
データベースの削除を行う場合は事前にバックアップを取ってから行ってください。安全に保守を行うためにも、お客様にて定期的にデータベースのバックアップを取ることをお勧めします。

使用ディスク容量の管理について

ご契約ディスク容量を超過して使用すると、以下のような不具合が発生する可能性がありますので、ご契約ディスク容量内でご運用ください。

  • サーバー上のコンテンツデータの消失やデータファイルの破損
  • PHP等のプログラムが正しく動作しない
  • ファイル転送機能(FTPソフトなど)によるファイルのアップロードが行えない

各種パスワードの管理について

phpMyAdminなどへ不正にアクセスし、WEBサイトが改ざんされるなどの被害が多発しています。
各種管理画面のパスワードは第三者に推測されにくいものを設定し、インストールディレクトリに対して「WEBアクセス制限」を行うなどの対策もご検討ください。
詳細は以下をご参照ください。
セキュリティ情報 - メール/FTP等各種アカウントのパスワード管理について
セキュリティ情報 - 不正アクセスによるWEB改ざん被害について
WEBアクセス制限

各種プログラムによる高負荷発生時の対応

プログラムなどの不備によりデータベース等が肥大化し、サーバーに問題が発生する可能性がある場合は、当社にて強制的に停止するなどの措置を行う場合があります。
あらかじめご了承ください。

データの容量/転送量について

ご契約のディスク容量以内であれば、ファイル数や1ファイルあたりの容量に制限はありません。
ただし、GB単位の容量の大きいデータを頻繁に転送するとシステム全体のネットワーク負荷が上がるだけでなく、接続プロバイダによるデータ転送量制限などに抵触する可能性があります。

また、以下のサービスでは1ヶ月あたりの基本トラフィック容量を定めており、1ヶ月間のトラフィック使用量が基本容量を超過する場合は、通信制限を実施させていただきます。

サービス名 基本容量
Zenlogic ホスティング Powered by AWS 約1TB
Zenlogic ホスティング Powered by Alibaba Cloud
Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud 約2TB

※サーバー1台あたりの基本容量です。

※トラフィック容量追加オプションを利用されている場合は、上記基本容量とオプション容量をあわせた容量を超過した際に、通信制限がかかります。

現在のトラフィック使用量は、コントロールパネルのトップ画面よりご確認ください。
トラフィック使用量の確認
当月のトラフィック使用量が上記を超える場合は、オプションサービス「トラフィック容量追加」のご利用をご検討ください。
トラフィック容量追加のお申込み

データベースやプログラムのサポート

データベースやプログラム運用上のための具体的な設定方法に関しては、サポート対象外となります。
レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」の環境やご提供仕様、バージョンなどの変更により、お客様のプログラムなどが動作しなくなった場合は、お客様にてご対応ください。