無停止サイト運営

IDCフロンティアのサービスは、お客様の事業継続を支援し、また、大切な情報資産を守るため、設備、サービス、技術に妥協することなく万全な体制で取り組んでいます。

アクセス数と反比例してつのる、サーバーやネットワークへの不安。インフラスタッフの不足。さらなるセキュリティ対応の必要性。どう対応しますか?

IDCフロンティアがご提供する、究極の安全・安心

ファシリティ

ファシリティ

サーバーを預ける建物自体の堅牢性、物理的なセキュリティは十分か?

詳しく見る

ネットワーク

ネットワーク

大容量回線、DDoS対応、広域負荷分散など、高度なネットワーク運用をしているか?

詳しく見る

サービス

サービス

自社環境と接続できるか?閉域網で接続できるか?使い勝手はよいか?

詳しく見る

監視・運用

監視・運用

運用・監視をどこまで任せることができるか?運用アウトソースで処理しきれるか?

詳しく見る

この4つが揃ってこそ、サービスの継続性を確保できます。

たとえばこんな使い方

Example01

大規模ポータルサイト運営事業者様の例

お客さまが選択したのはこのサービス!

10Gbpsのネットワーク

10Gbpsの
ネットワーク

ネットワーク設計・構築をIDCフロンティアに依頼。大規模アクセスもスムーズに処理できるようになった。DDoS対策、不正侵入検知サービスでセキュリティ対策も強化できた。

ネットワーク設計

DDos 不正侵入検知
運用アウトソース

運用アウト
ソース

リソース管理のイメージ図

運用・構成・リソース管理をIDCフロンティアに任せ、機器の寿命予測が的確になった。

ラック管理 ホスト名管理 電源系統管理 荷重管理 電源利用量管理
データセンター

データセンター
拠点一覧

首都圏のデータセンターと郊外のデータセンターとの並行利用で、IDCフロンティアだけでDRを完成した。

たとえばこんな使い方

Example02

自治体の情報提供サイトの例

お客さまが選択したのはこのサービス!

GSLB(広域負荷分散)

GSLB
(広域負荷分散)

広域でのDRサイトが容易に構築できた。

VyOS利用

閉域網接続(プライベートコネクト)

閉域網接続
(プライベートコネクト)

専用線より安価に接続でき、バックアップはインターネットを介さず、IDCフロンティアのバックボーンを拠点間でつないで実施。

複数データセンター(リージョン)利用

複数データセンター
(リージョン)利用

東日本リージョン(東京・白河)と西日本リージョン(北九州)のデータセンターでクラウドサービスを利用。

自治体の情報提供サイトの例の図

事業継続には、“分散”が一番

IDCフロンティアは、“分散“にこだわり、BCP/DRに最適な低災害リスクエリアに構えた郊外型データセンターをメインセンターとして、サービスを展開しています。

郊外型データセンターのご利用メリットの図

レスポンス良好&拡張性レスポンス良好&拡張性

都心型と同等のネットワークレスポンスを保ちながら、地方型の拡張性を確保できます。

電力分散で安心電力分散で安心

東北・九州・首都圏のデータセンターは、それぞれ別の電力会社から給電を受けています。IDCフロンティアのデータセンターのみでも、電力会社をまたいでご利用いただくことでDRが可能になります。

入館不要入館不要

入館レスを実現する運用サービスのご利用で、手間と負担を削減できます。リモート拠点として最適です。


データセンター

北九州データセンター

西日本最大の拠点

北九州データセンター
データセンター

白河データセンター

首都近郊 最大規模データセンター

白河データセンター

もちろん、データセンターの建物自体の堅牢性や物理的セキュリティ設備、体制は万全です。

STOP!

ストップ!THE 入館

その入館、本当に必要ですか?
IDCフロンティアは、お客様の入館に係わる手間と負担を軽減します!

入館目的の約50%は機器設置・搬入のため