はじめての方へ

クラウドストレージ申し込みからオブジェクトアップロードまでの流れ

クラウドストレージは、データのバックアップからコンテンツ配信まで幅広く使用できるストレージサービスです。
今回は申し込みからバケット作成、オブジェクトアップロードまでの流れをご紹介します。

1.クラウドストレージの申し込み

クラウドストレージの申し込みには、IDCF Cloudアカウントが必要となります。
IDCF Cloudアカウントの作成方法はこちらをご覧ください。

1-1. IDCF Cloudへのログイン

IDCF Cloudにログインします。

IDCF Cloudポータルログイン画面イメージ

ログイン後、サービス一覧よりクラウドストレージが確認できます。
マウスオーバーで「有効にする」と表示されるのでクリックします。
※サービスの有効化はマスターユーザー権限で行う必要があります。

IDCF Cloudポータルサービス一覧画面およびクラウドストレージ有効化のイメージ

ポップアップの内容を確認後、「はい」をクリックします。

クラウドストレージ確認画面イメージ

1-2. Google アカウントの連携

クラウドストレージは、 Google Cloud Storage™ の基盤を採用したストレージサービスです。
ご利用いただくにあたり、 Google アカウントの連携が必要となります。
Google アカウントをお持ちでない方は、お申し込みの際にIDCフロンティアが管理する Google アカウントを発行し、連携が可能です。
すでにお持ちの Google アカウントでもご利用できます。

1-2-1. IDCF Cloudから Google アカウントを新規発行する場合

「IDCF Cloudから Google アカウントを新規発行」のタブを選択します。
姓、名、 Google アカウントを入力してください。
※アカウントはメールアドレスの形式ですが、メール機能は付属されておりません。

契約約款・重要事項説明書・規約を確認いただき、「上記の内容に同意する」にチェックをつけます。
「 Google アカウントを新規発行する」をクリックすると、IDCフロンティアが管理する Google アカウントが発行されます。

IDCF Cloudからの Google アカウント新規発行画面

アカウント発行後、初期パスワードと連携を行うためのURLが、IDCF Cloudアカウントのマイプロファイルに登録されているメールアドレスに送信されます。
ポップアップの内容に従い、メールが届いているか確認してください。

アカウント登録確認ポップアップ

メールに記載のURLをクリックすると、 Google アカウントのログイン画面が表示されます。
先ほど登録したメールアドレスを入力し、IDCF Cloudのプライバリーポリシーを確認したら「次へ」をクリックしてください。

Google アカウントログイン画面

メールに記載のパスワードを入力し、「次へ」をクリックしてください。

Google アカウントログイン画面2

IDCF Cloudのプライバシーポリシーを確認し、「同意する」をクリックしてください。

IDCF Cloudプライバシーポリシー確認画面

デフォルトのパスワードを変更します。
任意のパスワードを入力し、「パスワードを変更」をクリックしてください。

パスワード変更画面

先ほど作成した Google アカウントへのアクセスに対し、IDCF Cloudからのアクセスを許可します。
詳細を確認し、「許可」をクリックしてください。

Google アカウントへのアクセスに対するIDCF Cloudからのアクセス許可画面

IDCF Cloud コントロールパネルに画面が遷移し、 Google アカウントの連携登録は完了です。
続いて、「クラウドストレージ」をクリックし、サービスを有効化します。
1-3. クラウドストレージの有効化に進んでください。

Google アカウント登録完了ポップアップ

1-2-2. すでにお持ちの Google アカウントを連携する場合

ご自身の Google アカウントをご利用される場合は、「既にお持ちの Google アカウント」タブをクリックしてください。
契約約款・重要事項説明書・規約を確認いただき、「上記の内容に同意する」にチェックをつけます。
「 Google 認証画面に移動する」をクリックします。

IDCF Cloudコンソール内 Google アカウント連携画面

Google の認証画面に遷移しますので、ご自身の Google アカウント入力し「次へ」をクリックしてください。

Google アカウントログイン画面

パスワードを入力し、「次へ」をクリックしてください。

Google アカウントパスワード入力画面

Google アカウントへのアクセスに対し、IDCF Cloudからのアクセスを許可します。
詳細を確認し、「許可」をクリックしてください。

Google アカウントへのアクセスに対するIDCF Cloudからのアクセス許可画面

IDCF Cloud コントロールパネルに画面が遷移し、 Google アカウントの連携登録は完了です。
続いて、「クラウドストレージ」をクリックし、サービスを有効化します。

Google アカウント連携完了ポップアップ


1-3. クラウドストレージの有効化

契約約款・重要事項説明書・仕様書・規約を確認いただき、「上記の内容を申し込む」をクリックします。

クラウドストレージ申し込み前確認画面

ポップアップが表示されますので、「申し込む」をクリックします。

クラウドストレージ申し込み確認ポップアップ

申し込みが完了すると、右上の「コントロールパネル」からクラウドストレージの管理画面にアクセスが可能になります。

クラウドストレージ管理画面

以上でクラウドストレージの申し込みは完了です。


2. バケットの作成

クラウドストレージにオブジェクト(データ)を保存するためには、バケットの作成が必要となります。
コントロールパネル右上の「バケット作成」をクリックしてください。

バケット作成画面

バケットの作成に必要なパラメータを設定します。
まず任意のバケット名を入力します。

バケット名入力画面

次に、用途に合わせバケットのストレージクラスを選択します。

ストレージクラス選択画面

最後に、オブジェクトの保存先であるロケーションを選択します。
※ロケーションにより各種料金が変わりますのでご注意ください。詳しくは仕様書をご覧ください。

ロケーション選択画面

入力が完了したら「確認画面へ」をクリックします。
ポップアップの内容を確認し、「作成する」をクリックするとバケットが作成されます。

バケット確認画面

コントロールパネルに戻り、先ほど作成したバケットが一覧に表示されていることを確認してください。

バケット一覧画面


3. オブジェクトのアップロード

先ほど作成したバケットに、オブジェクトをアップロードします。
バケット名をクリックすると、バケット内のオブジェクトの管理画面にアクセスできます。
右上の「アップロード」→「ファイルアップロード」を選択します。

オブジェクトのアップロード画面

対象のファイルをご自身の環境から選択し、アップロードを行ってください。
アップロード状況はページ右下で確認が可能です。

アップロード状況

コントロールパネル上に、アップロードしたオブジェクトが表示されていることを確認してください。

アップロードしたオブジェクトの確認

以上でアップロードは完了です。

このページの先頭へ このページの先頭へ