手順/tips

開発用プランからスタンダードプランへの移行方法

インフィニットLBにはスタンダードプランと開発用プランの2種類のプランがあります。プラン内容の違いはロードバランサーの台数と構成、サービス料金、サポートの有無です。
開発用プランはシングル構成となっており、HA機能とオートスケール機能以外のすべての機能が利用可能です。そのため可用性は低く、障害時のサポートもありません。
プロジェクトの初期に開発用プランを作成し、各機能や性能をお確かめいただいた後にサービスイン時など高可用が必要になった場合には、スタンダードプランへ設定変更が可能です。

本ページでは開発用プランからスタンダードプランへの設定変更方法をご紹介します。

1. インフィニットLB一覧からプラン変更をしたいILB名をクリックします。

2. オートスケールプランニング項目でスタンダードプランを選択します。
スケール時の最小台数と最大台数はご自身の環境に合わせて設定してください。また、台数を固定してスケールをさせない場合は台数固定のチェックボックスを選択し、固定する台数を指定してください。

3. そのほかの詳細設定については必要に応じて変更してください。
すべての設定項目を入力したら、ページ下部の「確認画面へ」ボタンをクリックします。確認画面が表示されるので内容が正しければ「変更」をクリックします。

4. インフィニットLBのダッシュボードで変更したロードバランサーのステータスがRunningになったことを確認します。

このページの先頭へ このページの先頭へ