不正侵入検知/防御サービス(IDS/IPS)

外部の脅威や危険性から、情報資産を守ります

不正侵入検知/防御サービスは、お客さまのネットワークを最新の状態に保ち、不正アクセスや攻撃などの兆候や深刻な脅威を検知・防御するサービスです。共用で使うクラウド型と、専用アプライアンス型の2つの形態をご用意しています。

お客さまネットワークに対するトラフィックを常時監視し、不正侵入攻撃を検知した場合、自動的にお客さまへの通知もしくは、自動的に防御を実施します。
クラウド型は現在のネットワーク構成を変更せずに導入が可能です。

不正侵入検知/防御サービスイメージ

お申し込み・お問い合わせ

不正侵入検知・防御サービスの特長New!

1

クラウド型でスピーディに導入

IDS/IPS機能をサービスとしてご提供しますので、設備を購入することなく、必要な時に必要な期間だけご利用いただけます。クラウド型は現在のネットワーク構成を変更せずに導入が可能です。
各種シグネチャーを最新の状態でご提供することで、お客さまの環境をお守りします。

2

お客さまネットワークへの流入前にフィルタリングを実施

お客さま通信機器に負荷を与えません。

3

大規模攻撃にも対応可能

10ギガビットクラスの攻撃にも有効です。

4

インフラ環境を問わず導入可能

より強固なセキュリティ対策が、データセンター(ハウジング)、ベアメタルサーバー、クラウドサービスと、インフラを問わず導入可能です。

5

専用アプライアンス型でもご提供

各種機器を取り揃えております。詳細はお問い合わせください。

サービスメニュー

以下の2種類のメニューをご用意しています。

  不正侵入検知(IDS) 不正侵入防御(IPS)
内容 当社標準の静的シグネチャに基づいて攻撃検知を実施し、自動的に”通知”いたします。
検知種別、設定値は固定値となります。
当社標準の静的シグネチャに基づいて攻撃検知を実施し、自動的に”防御”いたします。
検知・防御種別、設定値は固定値となります。
月額料金 50,000円 50,000円
契約単位 ■データセンターご利用の場合:1契約回線単位(ポリシー、設定値が変わる場合は別契約)
■IDCFクラウドご利用の場合:20IPアドレスを1単位とします。

表示価格は税抜きです。

導入メリット
  • 重要な資産の24 時間体制の防御
  • 導入時間の短縮と社内で必要なセキュリティ要員の縮小が可能
  • セキュリティ体制の向上と総所有コスト(TCO)の削減
  • 拡大するインターネット脅威のセキュリティ情報の早期に警告により、不要なダウンタイムを事前に防御

お申し込み・お問い合わせ