活用マニュアル

RDBのリソースを監視する

RDBサービスはMackerelに対応しており、RDBマシンのモニタリングにご活用いただけます。
マシン作成時に監視を設定することもできます。その場合は「RDB」の作成からアクセスまでの流れの「2.6オプション」をご確認ください。

Mackerel監視を設定する

1. RDB一覧から監視を設定したいRDB名をクリックします。

RDB一覧画面のイメージ

2. 詳細モーダル上部から「リソース監視」タブを選択します。

リソース監視タブのイメージ

3. 入力欄にMackerel API Keyを入力します。
「リソース監視を設定する」をクリックして適用します。

リソース監視タブのイメージ

4. 「はい」をクリックします。

リソース監視確認のイメージ

API Keyを作成していない場合は「Mackerel API Key」の右にあるリンクをクリックし、MackerelでAPI Keyを作成してください。

リソース監視タブのイメージ

Mackerel API Keyを変更する

1. 設定済みのMackerel API Keyを変更する場合は、対象のRDB名をクリックし詳細モーダル上部から「リソース監視」タブをクリックします。
Mackerel API Key右の鉛筆マークをクリックすると入力欄が表示されます。

リソース監視タブのイメージ

2. 変更したいAPI Keyを入力し、適用ボタンをクリックします。

リソース監視タブのイメージ

Mackerel監視を解除する

リソース監視設定を解除する場合は、対象のRDB名をクリックし詳細モーダル上部から「リソース監視」タブをクリックします。
タブに表示されている「リソース監視を解除する」をクリックし、表示されるメッセージで「はい」をクリックすると監視は解除されます。

リソース監視タブのイメージ

このページの先頭へ このページの先頭へ