リージョン・ゾーン

複数リージョン・ゾーン間でシステム分散や冗長化を

複数のリージョン・ゾーンを利用してシステムを構築することで、冗長化によるシステム停止リスクの回避や負荷分散などが可能となり、可用性を高めることができます。

IDCFクラウドは、ゾーンごとに仮想マシンのサーバー、ストレージ、それらを収容するラック、電源にいたるまで、物理的な設備が分離されています。さらに、東日本リージョンと西日本リージョンでは完全に独立し、地理的に離れた領域で、外部インターネット接続も分離されています。

リージョン・ゾーン活用で高セキュアなシステム構築が可能です

機密性

機密性

リージョン間を閉域網で接続(プライベートコネクト*)して、機密性を確保できます。

完全性

完全性

リージョンやゾーン間でデータをバックアップすることで、データの改ざん対策などが可能になります。

可用性

可用性

東西別々のリージョンにシステムを分散して(マルチサイト化)、ビジネスの継続性を高めます。

リージョン・ゾーンの仕様

ゾーン
  西日本エリア 東日本エリア
西日本リージョン 東日本リージョン
1 2
ゾーン monstera New!
augusta
joule
henry
pascal
tesla
newton New!
radian
lux New!
weber New!
サーバー Lightタイプ/Standardタイプ/HighCPUタイプ/HighMEMタイプ
HighIOタイプ *1 HighIOタイプ
GPU BOOSTタイプ
ボリューム フラッシュディスク フラッシュディスク/ハードディスク フラッシュディスク
データセンター 北九州データセンター 白河データセンター
立地 福岡県北九州市 福島県白河市
電力供給事業者 九州電力 東北電力

*1:  highio.5XL128は東日本リージョン1および西日本リージョンのみの提供となります。

コンソールで一元管理

クラウドコンソール上で異なるリージョン・ゾーン間のサーバーやストレージを一元的に管理することができます。

ご利用方法

クラウドコンソールにログインし、ご利用希望のリージョンとゾーンを選択します。

コントロールパネルのリージョン選択画面

キャンペーン お試しクーポンでまずは体験!

このページの先頭へ このページの先頭へ