クラウド・データセンター用語集

用語集|リージョン

地域 / ロケーション

クラウドコンピューティングにおける「リージョン」とは、地理的に近い「ゾーン」をグループ化したもので所在地を特定することができ、またリージョン毎に完全に独立しています。

複数のリージョン間でシステムの分散運用やバックアップサイトを用意しておくことで、ディザスタリカバリ(DR)BCP対策として有効です。

加えて、各リージョン内に複数のゾーンを設け、それぞれのゾーンを完全に分離したシステムとして運用することもできます。マルチリージョン/マルチゾーン利用、いわゆるマルチサイト化しておくことでシステムの冗長化や負荷分散、耐障害性向上などのメリットが得られます。

IDCフロンティアでは、福島白河データセンターおよび首都圏内の複数データセンター拠点を東日本エリア、福岡北九州データセンター(アジアン・フロンティア)を西日本エリアとし、それぞれのエリアにてシステム的に独立した複数のリージョンを提供しています。

リージョン/ゾーンの図

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ