活用マニュアル

高速なデータディスクを活用したい

作成した仮想マシンには、任意のサイズのディスクを追加し、データ用ディスクとしても利用できます。

ここでは50GBのディスクを追加し、マニュアル「Webサイトの本番環境を構築したい(Web1台構成)」で作成した仮想マシンに起動状態でアタッチする例で説明します。
アタッチ後のディスクはターミナルソフトから、パーティションの作成、フォーマット、サーバーへのマウントをすることにより、利用可能となります。

1. ディスク(ボリューム)の追加

 ディスクを追加する場合は、クラウドコンソールから[ボリューム]を選択し、ボリューム名、サイズなどを指定します。
ここではボリューム名「web01-disk2」で50GBのディスクを作成する例を示します。
 
①クラウドコンソールで[ボリューム]を選択し、「ボリューム」画面で[ボリューム作成]をクリックします。
 

②「ボリューム作成」画面で以下のように指定し、[作成する]をクリックします。
項目 内容
ボリューム名 web01-disk2
サイズ 50
ゾーン (仮想マシンと同じゾーン)※
※ご利用のアカウントによってネッワークインターフェースとして選択できるゾーン名が異なります。マニュアル「Webサイトの本番環境を構築したい(Web1台構成)」の仮想マシンと同じゾーン名をご選択ください。
 
 
③「ボリュームを作成しますか?」画面で[はい]をクリックします。ボリューム(ディスク)が作成されます。
 
 

2. ディスクのアタッチ

作成されたディスク(ボリューム)を、使用する仮想マシンにアタッチします。
ここではマニュアル「Webサイトの本番環境を構築したい(Web1台構成)」で作成した「web01」の仮想マシンに起動状態でアタッチする例を示します。
 
①作成されたボリュームを選択します。
 

②「web01-disk2」画面で[アタッチ]を選択します。
 
 
③アタッチ設定画面でアタッチする仮想マシン「web01」を選択し、[アタッチする]をクリックします。
 

④確認メッセージで[はい]をクリックします。
 
 
⑤[×]をクリックしてボリューム画面に戻るとボリュームがWeb01の仮想マシンにアタッチされています。
 

  

3. ディスクのフォーマットとマウント

 ターミナルソフトを起動し、ディスクをアタッチした仮想マシン「web01」にSSH接続します(※)。
ディスクのパーティション作成にはpartedコマンドを使います。
 
※仮想マシンへの接続方法については、マニュアル「Webサイトの本番環境を構築したい(Web1台構成)」の(3)仮想マシンへのアクセスを参照してください。
 
①partedコマンドをインストールします。 
[root@web01 ~]# yum install parted –y
  :
  :
  :
Complete!
[root@web01 ~]#
							
 ②ディスクを認識させます。
[root@web01 ~]# echo "- - -" > /sys/class/scsi_host/host0/scan			・・・・・・・※注
							
 ※注:「host0」は環境やOSの世代によって異なる場合があります。認識されない場合は1以降の値に変えて実行するかlsscしコマンドでHBAの番号を確認してください。
sdbが認識されていることを確認します。

 
[root@web01 ~]# cat /proc/partitions
major minor  #blocks  name

   8        0   15728640 sda
   8        1   15727616 sda1
   8       16   52428800 sdb
							
③追加したディスクを指定してpartedコマンドを実行し、mklabelコマンドによってgptのラベルをつけます。
[root@web01 ~]# parted /dev/sdb
GNU Parted 2.1
/dev/sdb を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには ‘help’と入力してください。
(parted)mklabel gpt
(parted) 
							
④printコマンドによってディスクサイズを確認し、mkpartコマンドによって、パーティションを作成します。ここでは以下のパーティションとします。
項目
内容
パーティション名
(なし)
ファイルシステム
ext4
開始
1
終了
53.7GB
以上を指定してquitでpartedを終了させます。
 
(parted) print
モデル: VMware Virtual disk (scsi)
ディスク /dev/sdb: 53.7GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始  終了  サイズ  ファイルシステム  名前  フラグ

(parted) mkpart
パーティションの名前?  []?                                                
ファイルシステムの種類?  [ext2]? ext4                                     
開始? 1                                                                   
終了? 53.7GB
(parted)                                                                  
(parted) quit                                                             
通知: 必要であれば /etc/fstab を更新するのを忘れないようにしてください。

[root@web01 ~]#
							
 ⑤parted -lによってパーティションを確認します。
[root@web01 ~]# parted –l
モデル: VMware Virtual disk (scsi)
ディスク /dev/sda: 16.1GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: msdos

番号  開始    終了    サイズ  タイプ   ファイルシステム  フラグ
 1    1049kB  16.1GB  16.1GB  primary  ext4              boot

モデル: VMware Virtual disk (scsi)
ディスク /dev/sdb: 53.7GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始    終了    サイズ  ファイルシステム  名前  フラグ
 1    1049kB  53.7GB  53.7GB

[root@web01 ~]
							
 ⑥作成したパーティションをフォーマットします。
[root@web01 ~]# mkfs.ext4 /dev/sdb1 
  :
  :
[root@web01 ~]#
							
 ⑦ディレクトリ「data」を作成し、blkidコマンドによって先ほど作成したパーティション「/dev/sdb1」のUUIDを調べます。
[root@web01 ~]# mkdir /data
[root@web01 ~]# blkid /dev/sdb1
/dev/sdb1: UUID="55460e6f-4209-4106-9389-1b5d90a0bb2c" TYPE="ext4" 
[root@web01 ~]#
							
 ⑧テキストエディタvimで「/etc/fstab」を編集します。上記の「/dev/sdb1」のUUIDを追加します。「:q!」で終了します。
[root@web01 ~]# vim /etc/fstab
	:
UUID=55460e6f-4209-4106-9389-1b5d90a0bb2c /data ext4 defaults 0 0
							
 ⑨追加したディスクをマウントします。df –hによって確認すると、/dev/sdb1が/dataにマウントされていることが分かります。
[root@web01 ~]# mount –a
[root@web01 ~]# 
[root@web01 ~]# df –h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda1        15G  1.2G   13G   9% /
tmpfs           495M     0  495M   0% /dev/shm
/dev/sdb1        50G  180M   47G   1% /data
[root@web01 ~]# 
							

コラムターミナルソフト

本マニュアルでは、Windowsのユーザーを例にターミナルソフトとして、TeraTermをご紹介しました。

Macをお使いの方は、プリインストールされている「ターミナル」をお使いいただけます。「Finder」>「アプリケーション」>「ユーティリティ」> 「ターミナル」で起動できます。

これらのターミナルソフトが利用できない場合は、IDCFクラウドのクラウドコンソールの「仮想マシン」画面から、操作したい仮想マシンの「コンソール」欄のボタンをクリックすると、別ウインドウが立ち上がり、コマンドライン操作が可能になります。

※ログイン時のユーザー名は「root」、パスワードは仮想マシン作成をお知らせするメールに記載してあります。

 監修:IDCフロンティア 藤城拓哉

このページの先頭へ このページの先頭へ