はじめての方へ

仮想マシンへの接続方法 スタティックNAT編

パブリックIPアドレスと仮想マシンのプライベートIPアドレスを1対1で紐付ける設定です。
ポート変換を伴わない、スタティックNATによるIP変換を行う場合の設定をご案内します。
※スタティックNATはソースNAT用IPアドレスでは設定できません。

1.スタティックNAT有効化

①対象のIPアドレスを選択
[IPアドレス]→[IPアドレス名]をクリックします。


②[NAT]タブで、プルダウンメニューよりNAT先となる仮想マシンを選択し、[有効化]をクリックします。


③「NATを有効化してよろしいですか?」とポップアップが表示されたら、[はい]をクリックします。


④[スタティックNATを有効化しました]と表示されれば、スタティックNATの設定は完了です。

2.スタティックNAT無効化

①スタティックNATを無効化する場合は[無効化]をクリックします。


②「NATを無効化してよろしいですか?」とポップアップが表示されたら、[はい]をクリックします。


③[スタティックNATを無効化しました]と表示されれば、スタティックNATの無効化は完了です。

関連するよくあるご質問

関連情報

このページの先頭へ このページの先頭へ