クラウド・データセンター用語集

用語集|フェイルオーバー

HA / フェールオーバー / 代替システム / 冗長化

フェイルオーバーとは、稼働中のシステムで問題が生じてシステムやサーバーが停止してしまった際に、自動的に待機システムに切り替える仕組みをいいます。HA機能ともいわれ、システムの可用性を高めるための冗長化の一つです。
フェイルオーバーとは反対に、手動でシステム切り替えする方法はスイッチオーバーと呼ばれています。

フェイルオーバー機能がないインフラサービスでは、サーバーの停止やデータ消失のリスクがあり、独自にサーバーの冗長化設計をしなくてはならず、待機システムの保守などコストがかかるのが欠点でした。


IDCFクラウド」では、仮想マシンに自動フェイルオーバーを標準装備しているため、障害からの自動復旧が可能です。

物理的なサーバー障害が起こった際には、ほかの正常な物理ホスト上にて仮想マシンの再起動が自動で行われ再開されますので、冗長化のための追加リソースやソフトウェアは必要ありません。切り替えは瞬時に行われるため、サービスダウンによる顧客影響を最小限に抑えることができます。

また、メンテナンス時にはライブマイグレーションが行われ、無停止で切り替えられるため、緊急メンテナンスにより急遽サーバーが停止されるリスクはほとんどありません。

フェイルオーバー(HA)機能で安心

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ