クラウド・データセンター用語集

用語集|モニタリング

監視 / 死活監視 / ネットワーク監視

モニタリングとは監視・観察することを意味します。ネットワークにおいてはネットワークモニタリング、死活監視(Alive Mnitoring)などといった使われ方をします。
これはコンピュータやシステムが正常に作動しているかどうかを、外部から365日24時間死活監視することや、それを自動化したソフトやシステムのことです。

監視・運用サービスアイコン

どのように監視を行うのかというと、多くはネットワーク経由で当該コンピュータに一定間隔で信号やデータを送信し、それに対するレスポンスから対象機器の状況を確認するという方法です。死活監視においては、対象機器の動作の有無のみをモニタリングしますが、ネットワーク監視になると当該ネットワークへの外部からの侵入の検知やセキュリティの状態などを知らせるシステムなどもあります。

IDCフロンティアでは、データセンターご利用のお客さま向けに、監視・運用パッケージオンサイト運用アウトソースをご用意しており、単なる機器監視代行ではなく、お客さまのサービス継続を軸とした監視・運用にこだわっています。

運用監視のトータルパッケージ


また、クラウドサービスでは はてな社のクラウドパフォーマンス監視サービス「Mackerel」(マカレル)と連携し、IDCFクラウドご利用のお客さまは「特別プラン(月額料金無料、監視対象のサーバー台数無制限)」でご利用いただけます。

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ