クラウド・データセンター用語集

用語集|NAT

スタティックNAT / IPマスカレード

NAT(Network Address Translation) は、2つのTCP/IPネットワークの境界にあるルーターやゲートウェイにおいて、双方のIPアドレスを変換してデータを転送する技術を指します。
2つのネットワーク(例えばLANとインターネット)の特定のIPアドレスを関連づけて、通信パケットに含まれる送信元IPアドレスや送信先のIPアドレスを、転送時に自動的に書き換えを行います。

常に同じIPアドレス同士を関連づけている場合を静的NAT(スタティックNAT)、関連づけるIPアドレスを動的に変更する場合を動的NAT(ダイナミックNAT)と呼んでいます。
NATを拡張して通信を行うポート番号も同時に変換することで、LAN内の複数のIPアドレスを1つのグローバルIPアドレスで同時に通信できるようにする技術を、NAPT(Network Address and Port Translation)またはIPマスカレード(IP masquerade)と呼びます。

一般的にはNAPTのほうがよく用いられていますが、これをNATの一種としてNAT機能などと呼ぶ場合があります。

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ