クラウド・データセンター用語集

用語集|ハイパーバイザー

仮想化ソフト / Virtual Machine Monitor

ハイパーバイザーは、コンピュータを仮想化するためのソフトウェアのことです。

物理的なマシンの中に、仮想的なコンピュータを作り出し、実行する際に使用します。
こういった仮想的なコンピュータを仮想マシンといいますが、仮想マシンを作成することで、同じ物理マシン内で複数の異なるOSを並列に実行することができます。

ハイパーバイザーの”バイザー”は直訳すると管理者という意味で、ハイパーバイザーという言葉は、上位層からプログラムを管理するという意味から生まれています。
物理的なマシンが1台でも複数の仮想環境を構築することで並列して作業ができます。
OSよりも上位の層からプログラムを実行するので、仮想化を実現するためのOSを必要としません。

ハイパーバイザーには二種類あり、狭義にはハードウェア上でプログラムを直接稼働する方式があります。また、広義にはOS上でアプリケーションソフトとして稼働し、その上で様々なOSを動作できるようにするものも含まれています。
前者の例としてXenやVMwareESX、KVMなどがあり、後者の例としてVMwareServerやVirtualPCなどがあります。

おすすめサービス

  • IDCFクラウド
  • プライベートクラウド

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ