クラウド・データセンター用語集

用語集|P2V

v2v / P2V2V / VMインポート / P2Vマイグレーション

P2Vとは「Physical to Virtual」の略で、オンプレミス環境の物理サーバー上で稼働しているシステムを、クラウド上の仮想マシンへ移行することです。「VMインポート」とも呼ばれています。

似ている用語では、仮想マシンから物理サーバーへ移行することを「V2P(Virtual to Physical)」、仮想マシンから別の仮想マシンへの移行を「V2V(Virtual to Virtual)」などがあります。

物理マシンから仮想マシンへインポート

オンプレミス環境のサーバーの保守切れやサーバーリソースの効率化・経費削減などの目的で、クラウドへ移行するケースが年々増えつづけています。

P2Vは稼働するサーバー上で構築したOSやアプリケーション、各種設定情報などを丸ごと移し替えることができるので、クラウド移行の際にとても便利です。

P2Vはソフトウェアを使って行うことができます。
代表的なものとして、VMwareやVirtualServerなどがあります。どれを使っても同じということはなく、システムや要望に合ったソフトウェアを利用する必要があります。
比較対象としては支援ツールの充実度、コスト、導入実績などを比較して、最適なソフトウェアを使ってP2Vを行います。

IDCフロンティアでも、クラウド化をお客さまの作業負担なく速やかに行っていただけるように「クラウド移行おまかせサービス(VMインポート)」をご用意しています。

アイコン

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ