クラウド・データセンター用語集

用語集|PaaS

パーズ / プラットフォーム / SaaS / IaaS

【Kubernetes最新事例Webinar】IDCF&SUSE Rancherのエンジニアが構築・運用ノウハウを生告白!

PaaS(パース)とは Platform as a Service の略で、アプリケーションを実行するためのプラットフォームをインターネットを介して提供するサービスのことです。

PaaSを利用することで、アプリケーションの開発前段階で必要な開発プラットフォーム環境の準備(サーバーの設置/OSのインストール/ネットワークの設定など)を大幅に省略でき、また、アプリケーション開発後のプラットフォーム環境のメンテナンス(サーバー負荷に応じたリソースの増強/OSアップデート対応など)にかかるコスト削減ができることがメリットです。

似たようなワードとしてIaaS、SaaSが挙げられます。いずれもインターネット上を通して提供されるサービスですが、一般に目的や用途や将来的な拡張性を考慮して使い分けされています。

【Iaas/PaaS/SaaSの違い】

・IaaS:弊社が提供するIDCFクラウドのような、インフラとしてクラウドサーバーを提供しているサービス。柔軟性が最も高いが、利用には一定の知識も必要。
・PaaS:IaaSのインフラに加えてプラットフォーム(OS/ネットワーク/フレームワークや開発環境)がセットで提供されているサービス。
・SaaS:PaaSのインフラ/プラットフォームに加えてアプリケーションも利用可能な状態になって提供されているサービス。

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ