クラウド・データセンター用語集

用語集|冗長化

冗長構成 / ロードバランサー / フェイルオーバー / 可用性

冗長化とは、サーバーやネットワークなどの機器故障や突発的なアクセス集中による負荷急増に備えて、必要とされる設備よりも多めに予備設備を準備しておくことで、不慮の事故や障害が発生しても、サービスを止めずに継続して提供できるようシステム構築することです。

一般的には、システム内部に相似したサブシステムを常に並列稼動させておくことで、片側に障害が生じても、もう片方が稼動し、システム利用者にサービスを停滞することなく提供することを可能にしています。また、このような冗長化により得られる安全性を冗長性といいます。

冗長化が施されている場合のメリットとしては、その複数の設備が同じタイミングで故障しない限り、サービス停止がないことです。そのため、冗長化されていない場合に比べてサービスの停止率が大幅に下がります。また、故障した一部だけを取り替えて復旧させることも可能で、故障発生から復旧までの時間的な面で余裕ができるという利点もあります。
デメリットとしては、設備増加に伴うコストの増加が挙げられますが、システムダウンの影響や損害が大きい企業の基幹システム・決済系システム等では、安定してサービスを提供するため、一般的に冗長化が採用されます。

IDCFクラウドでは、データセンターを運用してきたノウハウを活かすとともに、仮想マシンの停止や消失のリスクに対してHA(フェイルオーバー)機能を標準装備しており、お客さま側で仮想マシンの冗長化設計を行う必要がありません。万一物理的なサーバー障害が起きても、ほかの正常な物理ホスト上で仮想マシンが自動復旧されるため安全に利用していただけます。

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ