クラウド・データセンター用語集

用語集|VPS

仮想専用サーバ ー / バーチャルプライベートサーバー / サーバーコンピュータ

VPSは、実際は共用サーバーでありながら仮想化技術により専用サーバーと同等の機能を備えた、仮想的な専用サーバーを指します。

共用サーバーとは、1台の物理サーバーを複数のお客さまでシェアして、その一部をお客さまへ提供するものです。
専用サーバーとは、1台の物理サーバーをまるごと1台、お客さまに提供するものです。

VPSとクラウドはいずれも仮想化技術を使って仮想サーバーをお客さまへ提供している点は共通していますが、次のように異なる点があります。

一般的にVPSの契約は、仮想サーバー1台毎となり、一度契約した構成のリソース拡張や縮小などには制限があります。
一般的にクラウドでは、1つの契約の中で仮想マシンを複数台作成できたり、仮想マシンのリソースの変更ができたりするため、拡張性・柔軟性の高いサーバー構成が可能です。

おすすめサービス

  • IDCFクラウド

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ