クラウド・データセンター用語集

用語集|バックボーン

インターネットバックボーン / バックボーンネットワーク

バックボーン(バックボーンネットワーク)とは、インターネットなどの大規模な通信ネットワークにおける、事業者間や拠点間、国家間などを結ぶ高速・大容量のネットワーク回線のことを指しています。バックボーンネットワークは、コアネットワーク、バックボーン回線、基幹回線網、基幹通信網などとも呼ばれます。

バックボーンはネットワークの中枢部分です。そのため、種類や規模など、様々なものがあります。
ビルのフロア同士を結ぶLANや、企業の各拠点を結ぶ広域通信網、ケータイの基地局間を結ぶ通信回線網、インターネットサービスプロバイダ間を結ぶ通信回線網などがバックボーンにあたります。

バックボーンから各端末、利用者、加入者へ結ぶネットワークについては、バックボーンの種類によって呼び方が変わります。バックボーンの種類や規模に応じて、「ネットワークエッジ(network edge)」、「アクセスネットワーク(access network)」、「ワークグループネットワーク(workgroup network)」などと呼ばれます。

IDCフロンティアの高速大容量バックボーンは、日本国内の主要なIXおよびISPと接続しており、完全冗長構成で高い可用性と信頼性を実現しています。
IDCフロンティアが展開するメガスケールのデータセンター、クラウドコンピューティングが、バックボーンネットワークとの大容量接続に対応しています。

関連ワード

おすすめサービス

  • ネットワークサービス

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ