クラウド・データセンター用語集

用語集|CPU

中央処理装置 / 中央演算処理装置 / プロセッサ

CPUとは日本語の中央処理装置・中央演算処理装置ということを意味します。コンピュータにおいて中心的な役割を持つ部品を指します。
CPUが直接アクセスできる主記憶装置=メモリ内のプログラムを実行する装置で、キーボードやマウスなどの入力装置や記憶装置から入力された情報を演算・加工処理を行ったうえで、ディスプレイやプリンター、スピーカーなどの出力装置や記憶装置への出力を行います。

CPUの性能はビットという単位で表現します。CPUの処理能力を表す数字をビット幅あるいはデータパス幅と呼び、4.8.16.32.64ビットの幅から用途に合わせて決定されます。また、同じビット幅、バス幅でも1秒間に実行できる命令の回数(Hz)が異なるものがあります。

例えば、一般的な家電製品やリモコン、電卓や時計といった比較的単純な構造のものには8ビットや16ビット。携帯電話などの携帯情報端末や、デジタルカメラや薄型テレビなど、ネットワーキングやデータ容量の大きい装置に用いられるのが32ビットで、パソコンやサーバー、高性能なゲーム機などの「データ処理能力が大きい」ことによる恩恵が大きいものに用いられるのが64ビットというように区分けされています。

近年ではCPUとその周辺部品の総称であるプロセッサのうち、CPUのような中心的ものを指す「コア」を、一つのプロセッサに複数搭載するマルチコアなどの処理能力を飛躍的に上昇させる技術も確立されています。

おすすめサービス

  • IDCFクラウド
  • ベアメタルサーバー

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ