クラウド・データセンター用語集

用語集|Fluentd

フルエントディー / ログコレクタ

Fluentd(フルエントディー)とは、オープンソースのデータコレクターやデータログ収集ツールと呼ばれるソフトウェアです。
Fluentdを用いれば、今までのログ収集方式より格段に手軽にログを収集し、活用することができます。

今までのログ収集は、サーバに保存されたログデータを定期的にまとめてログ収集サーバに送って保管するという形で行われてきました。
しかし、Fluentdではまったく異なった方式でログを収集、管理します。

Fluentdはログの取り込み(インプット)・別システムへの出力(アウトプット)を制御します。このインプットやアウトプットはプラグインという形式で記述されます。また、インプット、アウトプットの間にバッファというデータ管理・処理の仕組みがあり、これもFluentdの特徴です。

つまり、Fluentdはデータを収集するのにインプットプラグイン、データを保持・移動するときにバッファプラグイン、データを出力するのにアウトプットプラグインを用います。互換性のあるプラグインをもちいれば機能を拡張することができ、その組み合わせにより、さまざまなログデータの活用に大変有利になるシステムといえます。

企業のログデータ収集、解析のニーズが高まりつつある今、このFluentdにも注目が集まっています。

Fluentd

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ