クラウド・データセンター用語集

用語集|Git

GitHub / ギットハブ

「Git(ギット)」は、オープンソースのバージョン管理システムの一つです。
もともとはLinuxカーネルのソースコード管理のために開発され、現在では多くの開発現場で利用されています。

Gitを使用するとファイル単位でバージョン管理が可能です。
各ファイルをいつ誰が変更したかを記録でき、編集箇所の差分を表示したり過去の状態に戻したりすることができます。

Gitは分散型バージョン管理システムと呼ばれ、ソフトウェア開発を同時に複数人で平行して行う場面で効果を発揮します。

分散型のGitでは各開発者のローカル環境にリポジトリと呼ばれるソースコードの置き場所が作成されます。
各リポジトリには現在のソースコードや、これまでソースコードの編集履歴などがすべて保存されています。
このように各開発者がローカルリポジトリをもつため、ネットワークが繋がらないような環境でも履歴の参照や編集を行うことができます。

また、Gitを用いた開発ではローカルリポジトリの他に、集中型バージョン管理システムのような各開発者のソースコードをマージしてソフトウェア本体となる中央リポジトリを用意することが一般的です。
各開発者が中央レポジトリの時系列をローカルリポジトリへ分岐(ブランチ)させ、ソースコードを編集し、再度中央レポジトリの分岐元にマージすることで安全に複数人で開発を行うことができます。

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ