クラウド・データセンター用語集

用語集|完全性

情報セキュリティ / CIA / 可用性 / 機密性 / バックアップ / 冗長化

完全性(Integrity)とは、データを最新かつ正しい状態で維持することをいいます。
情報セキュリティの3大要素「CIA(機密性:Confidentiality、完全性:Integrity、可用性:Availability)」の要素の1つにもなっています。

完全性を確保できないと、
・悪意のある人がオンラインゲームの課金額を改ざん。ユーザーに心当たりのない多額の請求が届く
・オンラインマップのデータが数年前のもので、道に迷ってしまい目的地にたどり着けない
などのアクシデントが起こる可能性があります。
情報セキュリティの強化には、データの機密性可用性だけでなく、そのデータに誤りがなくかつ最新のデータであるかどうにも注意が必要です。

完全性を確保する方法は、主に以下があります。

機密性の確保
悪意のある人のアクセスを防ぐことで、データの改ざんや故意的な削除を防ぐことができます。
この他にも通信の暗号化や、デジタル署名を用いることで、高い完全性を確保することが可能です。

バックアップ
人為的ミスによる削除や変更があった際、バックアップから元の完全なデータを復元することで、完全性を維持することが可能です。
さらに、データの編集時はダブルチェックを徹底し人為的ミスを未然に防止、万が一の場合に備え、原因をすぐに発見できるよう編集履歴を残す、なども高い完全性を確保する方法のひとつです。

一般的に完全性の確保は、費用と時間がかかります。 しかし、IDCFクラウドのデータベースサービス「RDB」は、自動バックアップ機能を標準搭載したデータベースサーバーを簡単3ステップで構築可能、手軽に完全性を確保することができます。

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ