クラウド・データセンター用語集

用語集|プライベートクラウド

クラウドコンピューティング / パブリッククラウド / ホステッド・プライベートクラウド

「プライベートクラウド」とは、企業・組織が自社内でクラウド環境を構築し、社内の各部署やグループ会社に提供するクラウド形態をいいます。
従来の社内システムのように企業内でシステムを設計・管理できるため、柔軟なサービス設計が可能です。セキュリティ面では、独自のセキュリティポリシーを適用でき強固なセキュリティのもと柔軟に運用できる利点があります。

最近の傾向としては、プライベートクラウドはさらに二分化しており、自社でインフラの構築・運用を行う「オンプレミス型(所有型)」と、資産を持たずにクラウド事業者からサービス提供を受ける「ホステッド型(利用型)」があります。

IDCフロンティアが提供する「プライベートクラウド」は、後者のホステッド型プライベートクラウドに該当します。当社データセンターに構築するお客さま専有のプライベートクラウド環境をオンデマンドでご利用いただくサービスです。通常のオンプレミスでのプライベートクラウド構築とは異なり、ITインフラ資産をもたずに済むため初期投資の必要がなく、毎月の定額料金のみですぐに利用できるメリットがあります。

オープンソースのCloudStackを使ったクラウド基盤ソフトウェアにより、管理画面とAPIが提供され使い勝手が良い点と、独自のセキュリティポリシー適用や柔軟なサービス設計ができるといった様々なメリットがあります。

プライベートクラウドの対義語に該当するのは、パブリッククラウドと呼ばれています。
パブリッククラウドは、利用する人の範囲が限定されておらず、オープンに提供されるクラウドサービスを指します。

プライベートクラウドとは

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ