クラウド・データセンター用語集

用語集|データウェアハウス

DWH / データ解析 / データ分析

データウェアハウスは、直訳すると「データの倉庫」という意味で、企業活動で蓄積された大量のデータを利用者のニーズに応じて活用(情報を引き出したり・分析したり)できるようにするためのシステムです。

近年ではビッグデータ活用において注目され、企業内外に散在するデータを活用しやすい形に集約でき、分析ソフトウェアなどとセットとなっているシステムが多くなっています。

データウェアハウスを利用するメリットは、従来の単純なデータベースからだけでは分からなかった新たな発見をすることにあります。
例えば、コンビニの売上データベースと、日ごとの天気のデータベースのそれぞれのデータを参照することにより、「曇りの日にはおでんの売上があがる」といった異なるデータベース間においても相関関係を見い出すことができるようになります。

当社ではビッグデータ分析の基盤として「トレジャーデータサービス by IDCF」をサービス提供しています。
クラウドをベースにしたサービスのためインフラ不要!データ容量や処理性能を気にすることなく使えます。

用語集TOPへ戻る

このページの先頭へ このページの先頭へ